• HOME
  • 交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故はある日突然発生するものです。まさか自分が交通事故に遭うかもしれないと思っている方はほとんどいませんから、交通事故に遭った際、何をどうすればよいかとお悩みになられてしまうことが多いです。

そして、怪我の治療を受けるかたわら、保険会社とのやりとり、各種手続などに追われる交通事故被害者の負担や不安は、非常に大きいことと思います。

  IMG_1866.JPGのサムネール画像

また、交通事故に遭った後の対応は初めての経験であることが多いので、
「交通事故で負ってしまった怪我の痛みが治らず治療が必要だと思うが、
 保険会社から突然治療費の打ち切りを告げられた・・・。」
「保険会社から交通事故の被害者である自分にも過失があると言われている・・・。」
「保険会社から賠償金が提示されたが、賠償金額が妥当なのか分からない・・。」
といったお悩みを抱えられて、ご相談を頂くことがよくあります。


交通事故に関するご相談を頂く中で特に多いのが、保険会社とのやり取りが大きな負担となっているケースです。保険会社は交通事故被害者に対し、事故直後から様々なコンタクトを取ってきます。交通事故についての専門的な知識を持っていないなかで、保険会社の言うことにどう対処してよいか、大きな不安を抱えているという方も少なくありません。保険会社の対応がひどく、不満を感じているという方も少なくありません。
 
そして、実はあまり知られていない事なのですが、保険会社は常に、交通事故被害者に支払う賠償金をできるだけ低く抑えようと交渉をしてきます。そのため、特に被害者側に弁護士が介入しないケースでは、適正な賠償金が支払われていないのがほとんどです。


しかし、多くの交通事故被害者の方は交通事故についての知識を持っていないこともあり、
「交通事故問題の専門家である保険会社がいうことなのだから、提示している賠償金額は適正なものなのだろう」と思ってしまい、保険会社から提示された賠償金額に対し、何の疑問を持たずに示談提示を受け入れてしまう方も少なくありません。
 
この時、交通事故問題の専門家である弁護士が対応し、保険会社との示談交渉や訴訟にあたれば、ほとんどの場合において、賠償金を提示額よりも多く獲得できます。交通事故問題を得意とする弁護士が対応することにより、後遺障害が残らないケースでも数十万円単位の増額は当たり前ですし、重い事故に至っては数百万円から数千万円単位の増額を望めるのが通常です。

ここで注意しなければならないことがあります。それは、交通事故後に一旦保険会社と示談をすると、やり直しはできないということです。示談書には「示談書で定められた金額以上の請求権は放棄する」との条項が定められていることが通常であるため、保険会社からの示談提示を受け入れてしまうと、もし後になって保険会社の提示額が適正でなかったことに気付いたとしても、それ以上の金額を受け取ることができなくなります。示談書にサインする前に、とにかく弁護士にご相談されることをお勧めします。

交通事故の被害にあった場合は、適正な賠償金額を獲得できるようにするためにも、まずは交通事故問題の専門家である弁護士にご相談しましょう。弁護士があなたの疑問や不安を解決し、交通事故問題を適正に解決する力になります。
 
交通事故に遭い、賠償金や示談に関してご不安、お悩みがございましたら、お気軽に地元の弁護士である八戸シティ法律事務所までご相談下さい。地域密着の弁護士だからこそ、迅速かつ丁寧な対応、力強いサポートをお約束します。

 

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop13_1.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用