• HOME
  • 高次脳機能障害のケースで弁護士に早期依頼するメリット

高次脳機能障害のケースで弁護士に早期依頼するメリット

高次脳機能障害のケースで、早い段階から弁護士に依頼することには、どのようなメリットがあるでしょうか。

疑問、不安を少しでも早期に解消するために

交通事故で高次脳機能障害が生じるようなケースでは、被害者の方の容態は非常に深刻なことが多いです。それだけに、被害者の方とそのご家族は、このような症状が発生している原因は何なのか、症状は治療によってどの程度良くなるのか、治療はどのように進んでいくか、今後どのような症状が残る可能性があるかなど、多くの疑問や不安に直面することになるでしょう。
 
しかし、主治医に対して、自分からは、なかなか質問をすることができないという方も少なくないと思います。どのような質問をすれば良いのか分からない、質問して答えが返ってきても、その答えが理解できないかもしれないといった心配から、質問できないでいる場合もあるかもしれません。
 
この点、高次脳機能障害に詳しい弁護士は、被害者の方とそのご家族の疑問を質問事項として整理したり、主治医の答え・発言について説明を加えたり、ケースによっては弁護士が診察に同行して主治医への質問のサポートをすることができますので、こうした疑問、不安を解消する手助けとなることができます。


後遺障害認定や損害賠償請求の準備のために

 また、適切な診断、治療を受けるために、被害者の異変や、事故前と比べた言動の変化を主治医に的確に伝える必要があります。加えて、後遺障害に該当するか否かの審査では、症状が発生した時期が判断に影響することがあります。その観点からも、高次脳機能障害に関連する異変は、漏れなく速やかに医師に伝えて、記録してもらうことが大切になってきます。被害者の方のどのような変化に注意し、主治医に伝えなければならないかを把握する上では、高次脳機能障害に詳しい弁護士のサポートが必要です。
 
高次脳機能障害では、急性期の治療が終了すると、リハビリのために転院することが多いです。また、メンタルケアなどで、複数の病院に並行して通院することもあります。後遺障害の認定を受けるにあたっては、複数の病院での診療経過を主治医に正しく把握してもらったうえで、後遺障害診断書を書いてもらうことが大切です。そして、後遺障害認定の申請においては、検査画像や日常生活報告書などの必要な資料を漏れなく整えて申請書類を作成しなればなりません。ここで、高次脳機能障害、後遺障害認定に詳しい弁護士が申請書類を作成するかどうか、その弁護士のアドバイスを受けて後遺障害診断書を書いてもらうかどうかで、後遺障害認定の結果、そしてその後の損害賠償の結果に大きな差が出てくる可能性があります。
 
被害者の方が高次脳機能障害の症状に悩まされ、ご家族も被害者の方をサポートする負担が増える中で、このような様々な問題に、的確に対処していかなければなりません。この点、高次脳機能障害、後遺障害認定に詳しい弁護士に早期に依頼すれば、後遺障害認定の申請や損害賠償の請求とその準備といった専門的な部分は弁護士に任せ、被害者の方は治療・リハビリに、ご家族の方は被害者の方の日常生活のサポートに専念することができます。


高次脳機能障害についてはこちらもご覧下さい

●高次脳機能障害とは ●高次脳機能障害認定のポイント 当事務所の高次脳機能障害サポート
●高次脳機能障害のケースでご家族が準備しなければならないこと
●高次脳機能障害と弁護士の専門性 ●高次脳機能障害のケースで弁護士に早期依頼するメリット
●高次脳機能障害のケースでの弁護士費用減額制度

後遺障害についてはこちらもご覧下さい

●後遺障害(後遺症)とは? 後遺障害の種類 高次脳機能障害とは
遷延性意識障害 脊髄損傷 交通事故のむちうち
交通事故による腰部痛 目の後遺障害 耳の後遺障害
交通事故による骨折 手(肩~手指)の後遺障害 足(股~足指)の後遺障害
醜状の後遺障害 各部位の損傷による後遺障害  

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop13_1.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用