足の構造と仕組み


74-1.png
踵=踵骨、距=距骨、舟=舟状骨、1~3楔=1~3楔状骨、立=立方骨
中足1~5=中足骨1~5、基=基節骨、中=中節骨、末=末節骨
種子骨は母趾中足骨の先端の足底面に並んでいます。

足は、立つ、歩く、走ることを目的としているので、その機能を果たせるような仕組みになっています。人間は生涯に、平均60kmの体重を支えながら、2本の脚で歩行し、地球4~5周分も歩き回るといわれています。生涯にわたって酷使する箇所でもあるので、おのずと老化は足からはじまります。

足部は、リスフラン関節とショパール関節により、前足、中足、後足部に分類されます。前足部は、末節・中節・基節骨と中足骨、中足部は3つの楔状骨、舟状骨、立方骨で、後足部は、腓骨と踵骨で構成されています。

足関節は、距骨、すねの脛骨、脛骨の外側に走る腓骨の、3つの骨で構成されています。主に、つま先を上下に動かす役割を果たしています。

関節表面は、軟骨と呼ばれる弾力のある組織で覆われています。足関節周囲は、たくさんの関節や強靱な靱帯に守られているので、衝撃に強い仕組みになっています。足関節は、脛骨と腓骨によって距骨が抑えられています。そのため、背屈・底屈の動作はできても、側方へは動かないように強制されています。この骨格構造に、外側の靭帯、前距腓靭帯・後距腓靭帯と内側の靭帯である三角靭帯が加わり、足関節は安定したものとなっています。
74-2.png三角靱帯(内側靱帯)は、足関節内側にある靱帯で、三角形に近い形をしています。三角靱帯は外側靱帯よりも強靭です。ですので、足関節捻挫では、内返し捻挫の発生が圧倒的に多く発症しています。

足関節を構成する骨のうち、距骨は踵側からつま先側へ広がる台形になっています。この形である理由は、距骨が後方へ動くのを抑制し、前方へ動きやすい状態をつくりだすためです。

距骨が前方へ動いてしまうのを止めているのは、主に前距腓靱帯です。足関節では、脛骨と腓骨が距骨をおさえる働きを補助するように、くるぶしの上の関節(脛腓関節)をしっかり固定すると捻挫の危険性から回避できます。トレッキングシューズをイメージすると分かりやすいでしょう。
74-3.png足首は多くの関節の組み合わせでできているので、複雑に動くことができます。底屈・背屈を基本に、内転と外転、回内と回外といった複数の動きが無意識のうちに働いて、内返し・外返しという足の動きを実現しています。

74-4.pngのサムネール画像
74-5.png
74-6.png 74-7.png
最後は、アーチの機能についてご説明します。足部のアーチは、縦と横の2種類です。アーチは、骨の配列と靭帯、足底筋膜で保っています。
74-8.png起立したときに、足の底が地面に部分を土踏まずといいます。足底部分は、全面が床に接地しているのではなく、中足部を頂点として縦に2つと、横に1つの弓状に張ったアーチをつくりだしています。余談ですが、人は生まれたときは全ての赤ちゃんは扁平足ですが、3~4歳頃からアーチが出現します。

足のアーチには、次の3つの機能があります。
①足を蹴りだす力、バネの機能
②衝撃を吸収するクッションの機能
③足底の筋肉や神経を守る機能
74-9.png雑学ですが、指の末端を保護する足の爪は、指先の表皮が角化したものです。爪は毎日伸び続けていて、手指では1日に0.1mm。足では0.05mm伸びています。

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop13_1.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用