• HOME
  • 病院同行について

病院同行について


八戸シティ法律事務所では、事案により、必要に応じて、交通事故被害者の方と一緒に通院している病院へ同行し、情報収集や医師との協議をするサービスを行っております。   IMG_1886.jpg
弁護士が病院同行を行うメリットとしては、交通事故被害者の方のお怪我の状況や、治療に関する情報を詳しく知ることができる点があります。病院同行では、交通事故被害者の方と弁護士との相談・打合せよりも、はるかに深く、多くのことがわかってくるのです。そのため、複雑な案件などでは、治療、症状固定の時期、後遺障害等級の認定といった見通しを立てていくのに非常に役立ちます。

また、保険会社から治療の打ち切りを示唆されたときに、病院同行によって主治医の考えを確認し、場合によっては治療の継続が必要であるという内容の診断書を作成していただくことで、保険会社による不適切な治療の打ち切りに対抗していくことも考えられます。

さらに、後遺障害等級の認定においては、必要な検査結果が揃っていること、後遺障害診断書に必要な情報が記載されていることなどのポイントがあり、不備があれば本来認定されるはずの等級が認められないおそれもあります。そうならないように、追加検査の実施や、後遺障害診断書の加筆・修正について、弁護士が医師と協議することが必要となることもあります。

なお、病院同行については、事案によっては特に必要がないということもありますし、そもそも弁護士が診察室へ同行することを認めていない病院もあり、この場合には実施することは困難となるでしょう。しかし、この場合でも、追加検査の実施、必要な診断書の作成、後遺障害診断書の加筆の依頼などには応じてもらえることも多く、適正な解決を図るために弁護士ができることは様々あります。

交通事故の被害に遭われた方は、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談ください。


親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop13_1.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用