交通事故Q&A32


死亡慰謝料とは?

死亡慰謝料とは、被害者が亡くなられた場合の精神的苦痛を金銭的に評価して賠償するものです。   相談風景.pngのサムネール画像

死亡慰謝料は、亡くなられた被害者自身の慰謝料のほか、被害者の父母、配偶者、子についても、法律上固有の慰謝料が認められます。被害者自身の慰謝料については、被害者の相続人が加害者に対して賠償請求することになります。また、判例によると、被害者との間で上記の方(父母、配偶者、子)に準ずる強い関わりを持つ方についても、別途固有の慰謝料が認められます。例えば、被害者の兄弟姉妹や内縁関係にある方などは、こうした固有の慰謝料が認められる可能性があります。亡くなられた被害者自身の無念、および被害者に近しい方の悲しみや怒りが、死亡による慰謝料として認められるのです。

死亡慰謝料の金額については、次のように、被害者の方の属性に応じた一応の標準額があります。

一家の支柱・・・2800万円
母親、配偶者・・・2500万円
その他(独身の男女、子供、幼児等)・・・2000万円~2500万円
※この基準は死亡慰謝料の総額であり、被害者本人の死亡慰謝料に加え、被害者の父母、配偶者、子、およびそれに準ずる方の分も含まれています。
※平成28年以前は、母親・配偶者は2400万円、その他は2000万円~2200万円が基準とされていました。

ただし、この基準は一応の目安であり、個々の事情により、増減されることがあります。例えば、飲酒運転やひき逃げなどの悪質な事故であれば、被害者の無念や、ご遺族の怒りや悲しみは通常よりも大きいと言えますから、死亡慰謝料の額は増額されることになります。

なお、保険会社が示談で提示してくる死亡慰謝料の金額は、裁判の基準よりも相当低い額です。保険会社の提示を鵜呑みにすることなく、まずは交通事故に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めします。


交通事故に関するQ&A一覧

No Q&A
1 弁護士に依頼するかどうかで、損害賠償金額が変わってきますか?
2 示談交渉のほかには、どのような解決方法がありますか?
3 まだ治療中ですが、弁護士に依頼するメリットはありますか?
4 後遺障害とは?
5 過失相殺とは?
6 むちうちとは?
7 むちうちは後遺障害になりますか?
8 後遺障害等級の認定を受けると、就職などで不利になりませんか?
9 裁判は依頼者の側も手間がかかりますか?
10 裁判はどのくらい時間がかかりますか?
11 むちうちで後遺障害非該当、14級、12級は、どういう基準で区別されますか?
12
 
むちうちで後遺障害14級と12級とでは、賠償額にどのくらい開きがありますか?
13 後遺障害等級とは?
14 症状固定とは?
15 保険会社から治療費や休業損害の支払の打ち切りを通告された場合、何か対応策はありますか?
16 休業損害とは?
17 素因減額とは?
18 加害者に弁護士費用を請求できますか?
19 後遺障害による逸失利益とは?
20 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
21 労働能力喪失率とは?
22 労働能力喪失期間とは?
23 ライプニッツ係数とは?
24 死亡による逸失利益とは?
25 死亡逸失利益の稼働部分の計算方法は?
26 死亡逸失利益の年金部分の計算方法は?
27 生活費控除率とは?
28 就労可能年数とは?
29 慰謝料とは?
30 傷害慰謝料とは?
31 後遺障害慰謝料とは?
32 死亡慰謝料とは?
33 弁護士費用特約とは?
34 むちうちで画像所見があれば、必ず12級が認定されますか?
35 弁護士に相談・依頼するタイミングはいつがいいですか?
36 加害者に謝罪を求めることはできますか?
37 高次脳機能障害とは?
38 高次脳機能障害の後遺障害等級認定のポイントは?
39 高次脳機能障害のケースで被害者の家族が準備すべきことは?
40 加害者の態度が不誠実な場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
41 悪質な事故の場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?

 

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop13_1.jpg
●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用