頚椎は7つの椎体と呼ばれる骨で形成され、主に頭部を支えています。頚椎は英語でcervical spineと呼び、頭文字を取ってCと表示され、C1からC7と呼ばれます。

頚椎捻挫(頚部挫傷・外傷性頚部症候群)の神経症状は左右どちらかの頚部、肩、上肢から手指にかけてのしびれです。14級9号のレベルであれば、感覚がマヒするなどの深刻なものではなく、しびれ、だるさ、重さといった言葉で表現できる程度のものです。

この頚椎捻挫(頚部挫傷・外傷性頚部症候群)において一番注目して欲しい点が、C5/6、C6/7の神経根です。「C5/6」の神経根とは、C5とC6の間に通っている神経根のことです。脊髄から枝分かれしたC5/6、C6/7の左右の神経根は左右の上肢の動きを司っています。つまり、具体的に書くとC5とC6の間の右側の神経根が圧迫されると右手の親指と人差し指に、C6/7では薬指と小指にしびれが出るということです。

CTなどでは骨の確認しかできないため、神経根の損傷、圧迫を見るためにはMRIの検査を受けるしかありません。
103-2
MRIにて、C5/6、もしくはC6/7の神経根の通り道が狭まっていると確認された場合、もしくは明らかに圧迫を受けていると確認できたら、しびれなどの自覚症状と一致した画像所見が得られたということです。つまり後遺障害があると認められるのに一歩近づいたということです。

出来るだけ事故直後(受傷から2か月以内)にMRI撮影を受けるのがポイントです。

以上をまとめると

① 自覚症状に一致するMRI所見が得られるかどうか、MRIを撮った際にはC5/6とC6/7をしっかりと確認しましょう

② 目安として、車同士の衝突では30万円を超える物損を生じた事故でそれなりの衝撃を受け(もっとも、むちうちの予後については、衝撃の強さだけでなく、衝撃の角度や衝撃の受け方によるところも大きいため、損害額が絶対の要件ということはありません)、事故直後から症状があり、早期にMRIを撮影し、月に10回の通院を6か月間続けること

という点が、後遺障害等級認定を受けるポイントとなります。

八戸シティ法律事務所では事故の直後から手厚くサポートをし、後遺障害等級の認定にしっかりと対応してまいります。