脊柱は合計25の椎骨が連なってできています。5つの腰椎は、左右に関節包につつまれた椎間関節があり、椎間板や靱帯や筋肉でつながれています。
105-1
主に追突事故などにより、腰椎が伸びすぎてしまい、これらの関節包、椎間板、靱帯、筋肉などの一部が引き伸ばされ、または断裂した場合に、腰椎捻挫(腰部挫傷・外傷性腰部症候群)を発症します。頚椎捻挫(頚部挫傷・外傷性頚部症候群)と腰椎捻挫(腰部挫傷・外傷性腰部症候群)は、診断書に合わせて記載されることが多いですが、後遺障害の対象として有利なのは頚椎捻挫(頚部挫傷・外傷性頚部症候群)です。

腰椎捻挫(腰部挫傷・外傷性腰部症候群)は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症をもともと患っていた被害者に多発する傾向があり、この場合、症状が重症化しやすいので固定術に発展することがあります。

外傷性腰部症候群の後遺障害のポイント

(1) 自賠責調査事務所が公表する14級9号の後遺障害認定要件
自賠責調査事務所では、「腰椎捻挫(腰部挫傷・外傷性腰部症候群)に起因する症状が、神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないが、①受傷時の状態や、②治療の経過などから、③連続性、一貫性が認められ、説明可能な症状であり、単なる故意の誇張ではないと医学的に推定されるもの」について、これを14級9号と認定しています。

では、この①、②、③について解説していきます。

①受傷時の状態

事故発生の状況のことであり、「それなりの大きな衝撃がないと、後遺障害が認められる可能性が下がる」という意味です。車同士での衝突事故の場合は、物損で30万円以上を目安にしています(ただし、腰椎捻挫の予後は、衝撃の大きさのみならず、衝撃の角度や衝撃の受け方によっても大きく影響されます。ですので、損害額が小さいからと言って、直ちに後遺障害認定が困難というわけではありません)。

②治療の経過

治療経過時の神経症状の有無を意味しています。事故直後から腰部痛や、左右どちらかの下腿~足趾にしびれの神経症状を感じたか否かを要件となります。
  
もっとも、しびれについては、14級9号であれば、それほど強いしびれはありません。脱力感やだるさ感、重さ感、しびれ感といった感じです。

なお、胸腰椎の運動制限だけでは後遺障害の対象とはなりません。また、事故から数ヶ月過ぎてから発症したものについては、事故との因果関係が否定されています。

③連続性、一貫性

適切な頻度と期間の通院を続けているかがチェックされます。整形外科に1か月に10回以上通院を6か月以上しているかが目安となります。これを満たしていない場合、後遺障害の認定は難しいです。接骨院での施術は、後遺障害を認定する上で治療実績として認められていません。整形外科をメインとして、整骨院を併用することは可能ですので、接骨院に偏りすぎない通院が必要となります。

上記をまとめると以下の通リになります。

「外傷性腰部症候群が原因の症状を神経学的検査所見や画像所見などから証明することができなくても、ある程度の衝撃を受ける事故に遭って、痛みや痺れなどの自覚症状がある場合、早期の医師の診断とMRI撮影も受けており、その後の痛みや痺れが継続しているかが、整形外科への通院期間や日数から推測できる。事故発生時から現在までを総合して考えるのであれば、後遺障害と認めるべきである。」と自賠責の調査事務所が判断したときに、14級9号が認定されることになるのです。

自賠責調査事務所に上記のような判断をさせるように導いていくことも、当事務所の役割です。