106-1
脊椎には、25の椎骨があり、それぞれが椎間板というクッションをはさんで、頚部~尾底骨まで連なっています。それぞれ頚椎はC、胸椎はTh、腰椎はL、その下の仙椎はSと表示されています。腰椎は5つの椎骨で構成されており、椎間板を挟んで連なっています。椎骨の空洞部分は、脊髄が走っています。脊髄は、L1で終わり、それより下には馬尾神経が走っています。椎骨は椎間板、脊椎を縦に貫く前縦靭帯と後縦靭帯、椎間関節、筋肉などでつながれています。椎骨の馬尾が走る部分を椎孔といい、椎孔がトンネル状に並んでいる部分を脊柱管と呼びます。馬尾神経から枝分かれした神経根は、それぞれの椎骨の間の椎間孔と呼ばれる部分を走り、体の各部を支配しています。
106-2
腰椎捻挫(腰部挫傷・外傷性腰部症候群)で注目すべきは、「L3/4」「L4/5」「L5/S1」の神経根に限定されます。それ以外の部位は無視することになります。「L3/4」とはL3とL4の間を通る神経根のことです。脊髄から枝分かれした「L3/4」「L4/5」「L5/S1」の左右6本の神経根は、それぞれの下肢を支配しているからです。
106-3
L3/4のヘルニアでは、L4神経根の働きが阻害され、上腿前面、下腿内側面に知覚障害が出現する場合。膝蓋腱反射が弱くなる、つまり大腿四頭筋・前脛骨筋が萎縮し、大腿神経伸展テスト(FNS)が陽性となります。
106-4
L4/5のヘルニアでは、L5神経根の働きが阻害され、下腿前外側、足背に知覚障害が出現する場合。長母趾伸展筋の筋力低下、大臀筋の萎縮が見られ、ラセーグテストは陽性となります。
106-5
L5/S1のヘルニアでは、下腿外側、足背、足底外縁に知覚障害が出現する場合。アキレス腱反射が低下、もしくは反射がなくなり、腓腹筋および腓骨筋力が低下して、つま先立ちをすることができなくなります。ラセーグテストでは、陽性となります。

外傷性腰部症候群における後遺障害のポイント

(1) 医師に因果関係を求めない
事故後から腰痛が出現し、右足にもしびれを感じるのに、主治医からは「L4/5に変性=ヘルニアが認められるが、事故によるものではない」と言われた。これは、実はまったく問題ありません。

脊椎の変性は18歳ころから始まると言われています。そのため、事故被害者が30歳を超えれば、ほぼ全員が、程度は異なりますが脊椎の年齢変性が確認されます。年齢変性による主な症状は、腰椎椎間板ヘルニアで、多くは末梢神経である神経根を圧迫しています。

末梢神経である神経根は、神経が膜で覆われた状態で存在しています。被害者が事故前にヘルニアになっていたとしても、神経根が膜で覆われている場合、その多くは無症状です。ただし、交通事故の衝撃で、膜に傷がつくと、その神経が支配している領域に痛み、痺れなどの神経根症状が現れます。そして、この症状が後遺障害の対象となるのです。
106-6
14級9号のレベルであれば、傷ついた膜が治ると、無症状に戻ります。治療に時間はかかりますが、痛みや痺れが一生涯続くということはありません。

(2) 早期のMRI撮影
事故発生後に早期のMRI撮影をおこなうことで、神経根に浮腫が確認できることがあります。これが確認できた場合は腰部椎間板ヘルニアは、外傷性であることを立証できます。XPやCTは骨を見るためのもので、神経根が確認できるのは、MRIだけです。事故が原因であることを立証したいのであれば、受傷2か月以内に、MRIの撮影を受ける必要があります。

・受傷後に撮影したMRIで、「L3/4」「L4/5」「L5/S1」の神経根の通り道が細くなっている
・MRIの画像上、明らかに神経根が圧迫を受けている
これらが確認できたときは、自覚症状に一致した画像所見が得られるため、後遺障害の獲得に近づきます。

(3) 後遺障害認定のための要件を6か月間で整えるために
①それなりの衝撃の事故(車同士なら30万円以上の物損が目安になります。ただし、損害額については、あくまでも目安で、絶対の要件というわけではありません。腰椎捻挫の予後には、衝撃の強度だけでなく、衝撃の角度や衝撃の受け方も大きく影響してくるためです)
②事故直後から、痛みや痺れなどの自覚症状がある。事故発生後、早期にMRI撮影をおこなっている
③1か月に10日以上。かつ6か月以上を目安に整形外科に通院をおこなう