63-1

頚椎は、正面から見ると7つの椎体の連なりであり、その中のC1(環椎)とC2(軸椎)は独特な形状をしています。軸椎には歯突起があり、軸を中心に環軸が回転することで、頚部を左右に回すことができます。軸椎以下の頚椎は、椎間板という軟骨のクッションで椎体間が連結されています。椎間板があることで頚椎がしなるように動くことができます。

63-2""
63-3
環軸関節は、正面から見ると口のあたりに位置しています。
環椎の上に頭蓋骨が乗っており、この関節の支えで頚部は左右に回すことができます。
63-4
左のXP側面像では環椎が前方向に脱臼しているのがわかります。
右の画像は、スクリューで固定されたものです。

環椎と軸椎とは、7つある頚椎の1番上と2番目の椎体骨で、頭蓋骨に接しています。交通事故では、後頭部方向から力が加わり、大きく首が曲がることで軸椎の歯突起が骨折し、環軸椎亜脱臼・脱臼を発症します。転位が高度で環椎と軸椎を結合する関節が完全に外れてしまったものを環軸椎脱臼、外れかかった状態で4mm以上の転位があるものを環軸椎亜脱臼と呼びます。

転位のレベルによっては、脊柱管の中を走行する脊髄を圧迫・損傷することがあり、脊髄の圧迫症状としては、手足の運動麻痺、感覚麻痺、呼吸障害、膀胱・直腸障害が主な症状です。後頭神経の圧迫症状としては、後頚部痛、椎骨動脈の圧迫に伴う強い眩暈を発症し坐位ができなくなります。環軸椎亜脱臼に対しては、保存療法として、ソフトカラー、フィラデルフィアカラーによる固定がなされますが、脊髄症状を示す重症例では、手術は必ず必要で、現在では、スクリュー固定が行われています。

環軸椎脱臼・亜脱臼における後遺障害のポイント

(1) 後遺障害は、脊柱の変形障害、脊柱の運動障害、神経系統の機能障害の3方向から検証していく必要があり、立証することは非常に難度が高いものです。

①脊柱の変形障害
環椎または軸椎の変形・固定により、次のいずれかに該当するものは、8級2号となります。
A 60°以上の回旋位となっているもの
B 50°以上の屈曲位または60°以上の伸展位となっているもの
C 側屈位となっており、XP等により、矯正位の頭蓋底部両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30°以上の斜位となっていることが確認できるもの 
このうち、AおよびBについては、軸椎以下の脊柱を可動させず、当該被害者にとっての自然な肢位で、回旋位または屈曲・伸展位の角度を測定します。

②脊柱の運動障害
頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じたものは、8級2号となります。

③神経系統の機能障害
脊柱の破裂骨折で固定術が実施された背景には、脊髄への損傷を最小限に抑える目的もあります。手術後の被害者に、上・下肢の麻痺、強烈なしびれ、上・下肢の疼痛、排尿障害など、重篤な脊髄症状が出る場合、神経系統の機能障害で等級の獲得を目指す必要があります。
障害の程度により、それぞれ9級10号、7級4号、5級2号に該当します。膀胱機能障害は、併合の対象となります。
後遺障害の立証では、後遺障害診断書以外に「脊髄症状判定用」の用紙を提出し、肩・肘機能、手指機能、下肢機能、上肢・下肢・体幹の知覚機能、膀胱機能、日常生活状況について、医師に検査と結果の記載をお願いします。排尿障害については、ウロダイナミクス検査で立証する必要があります。

(2) 整形外科では、4mm程度の亜脱臼は見落とされることが多く、亜脱臼の立証については脊椎・脊髄の専門医に依頼する必要があります。