CTで、上下の関節突起の中央部が断裂しています。

分離症は、椎弓の一部の上下の関節突起の中央部が断裂しており、連続性が断たれて、背骨の後方部分と前方部分(椎弓と椎体)が離れてしまっている状態のことです。原因は先天性、後天性の2つがあります。後天性の場合の主な原因は、身体が柔らかい思春期頃に、ジャンプや腰の回旋を繰り返しおこなったことにより、腰椎の後方部分が疲労骨折したのではないかと推定されます。日本人の5~7%に分離症があると言われが、多くの方はそれに気づくことなく通常の日常生活を続けています。

しかし、ここに交通事故の衝撃が腰部に加わると、椎体が前方向にすべり、分離すべり症となります。分離すべり症のほとんどは、L5に発生することが確認されています。分離症は事故前に発生していたものとしても、事故を起因として分離すべり症に重症化してしまう可能性があるのです。

治療方法は、腰椎コルセットを装着し、安静加療が指示されます。安定期に入ると、腹筋・背筋を強化するリハビリで腰痛の発生を抑制します。腰痛や神経根圧迫による臀部、下肢の疼痛、間欠性跛行で歩行できる距離が100m以内、膀胱・直腸障害がみられる場合は、神経の圧迫を除去する椎弓切除術、脊椎固定術が施されます。

近年はTLIF片側進入両側除圧固定術が主流となりつつあります。

腰椎分離・すべり症における後遺障害のポイント

(1) 脊柱の変形障害の認定について
事故前には、支障もなく普通に日常生活をしていた方が、事故後のXP検査で分離症の存在を知る被害者がとても多いのが現状です。画像で分離症が確認された場合、既往歴があると断定されてしまうので、脊柱の変形で11級7号が認定されることはありません。それは、椎弓切除術、脊椎固定術が実施されても同様です。

(2) 痛みがある場合の認定について
保存療法、オペにかかわらず、L5に疼痛を残す被害者は3DCT、MRIで骨癒合を明らかにして、痛みの神経症状を後遺障害診断書で明らかにします。これにより、14級9号が認定されます。