1 頭部外傷を受け、意識障害、もしくは健忘症あるいは軽度意識障害がみられること

①当初の意識障害、半昏睡から昏睡状態において、開眼・応答しない状態、JCSが3桁から2桁、GCSが12点以下の状態が少なくとも6時間以上継続していると確認できる症例の時

②健忘あるいは軽度の意識障害、JCSが1桁、GCSが13点から14点の状態が、少なくとも1週間以上継続していると確認できる症例の時

意識障害 JCS
Ⅰ覚醒している
(1桁の点数で表現)
0 意識清明
1(Ⅰ-1) 見当識は保たれているが、意識清明とはいえない
2(Ⅰ-2) 見当識障害がある
3(Ⅰ-3) 自分の名前・生年月日が言えない
Ⅱ刺激に応じて一時的に覚醒する
(2桁の点数で表現)
10(Ⅱ-1) 普通の呼びかけで開眼
20(Ⅱ-2) 大声で呼びかける、強く揺するなどで開眼
30(Ⅱ-3) 痛刺激を加えつつ、呼びかけを続けると、辛うじて開眼
Ⅲ刺激しても覚醒しない
(3桁の点数で表現)
100(Ⅲ-1) 痛みに対し、払いのけるなどの動作をする
200(Ⅲ-2) 痛刺激で手足を動かす、顔をしかめたりする
300(Ⅲ-3) 痛刺激に対し、まったく反応しない

これらに加えて、R(不穏)、I(糞便失禁)、A(自発性喪失)などの付加情報を付けて、JCS200-Iなどのように表す。

乳幼児意識レベルの点数評価 JCS
Ⅰ刺激しないでも覚醒している
(1桁の点数で表現)
1 あやすと笑う。ただし不十分で声を出して笑わない
2 あやしても笑わないが、視線は合う
3 母親と視線が合わない
Ⅱ刺激すると覚醒する
(2桁の点数で表現)
10 飲み物を見せると飲もうとする。あるいは、乳首を見せればほしがって吸う
20 呼びかけると、開眼して目を向ける
30 呼びかけを繰り返すと、辛うじて開眼する
Ⅲ刺激しても覚醒しない
(3桁の点数で表現)
100 痛刺激に対し、払いのけるような動作をする
200 痛刺激で少し手足を動かす、顔をしかめたりする
300 痛刺激に対し、まったく反応しない
GCS
E○+V○+M○=合計○点と表現
正常は15点満点、深昏睡は3点。点数は小さいほど重症
開眼機能 E
(Eye opening)
4 自発的に、または普通の呼びかけで開眼
3 強く呼びかけると開眼
2 痛刺激で開眼
1 痛刺激でも開眼しない
言語機能 V
(Verbal response)
5 見当識が保たれている
4 会話は成立するが、見当識は混乱している
3 発語は見られるが、会話は成立しない
2 意味のない発声
1 発語みられず
運動機能 M
(Motor response)
6 命令に従って、四肢を動かす
5 痛刺激に対し、手で払いのける
4 指への痛刺激に対し、四肢を引っ込める
3 痛刺激に対し、緩徐な屈曲運動
2 痛刺激に対し、緩徐な伸展運動
1 運動みられず
PTA(外傷性健忘)について
重傷度 PTAの持続
わずかな脳振盪 0~15分
軽度の脳振盪 15分~1時間
中程度の脳振盪 1時間~24時間
重度の脳振盪 1日~7日間
非常に重度な脳振盪 7日間以上

JCSは3桁が重度な意識障害、GCSは点数が低いほど重度な意識障害となります。

後遺障害認定のポイント

(1) 入り口となる3つの要件の中では、意識障害所見が一番重要な意味を持ちます

これは、意識障害のレベルが、認定等級に直結しているためです。脳神経外科医は、MRIでびまん性軸索損傷の所見が得られずとも、意識障害のレベルを用いて、それらの傷病の存在を推定し、診断を下しています。

半昏睡から昏睡状態が6時間以上継続していれば、立証には何の問題もありません。しかし、5,7,9級は、外傷性健忘、軽度の意識障害であるため、担当医が入院中の被害者をつぶさに検証して詳細を得るのは、治療上の必要が無いため、現実問題として難しいです。

実態に反して3日や4日で意識清明とされれば、この後でどれだけ具体的に症状を立証しても、高次脳機能障害は入り口の段階で否定されてしまうということです。

(2) 予想される対応

家族に対しては、受傷から6時間、1週間の意識障害の経過を細かく確認し、申述書という文書にします。申述書を主治医に提出し、意識障害の記載を依頼することが予想されます。

既に間違った所見の記載がされているときは、申述書を示して、記載の訂正をお願いすることが考えられます。この場合の訂正とは、新たな所見を記載するという意味です。これは入院期間中なら比較的簡単に修正出来ると思われます。ただし、主治医の理解を得るためには、外傷性健忘のエピソードを具体的に説明する必要があります。

(3) 考えられる4つのパターン

  意識障害 傷病名 画像所見 高次脳機能障害
×
×
× × × ×

・1の場合は、スムーズに高次脳機能障害が立証されます。
・2でも、なんとか頑張って立証にこぎつけられます。
・3となれは、高次脳機能障害の認定は非常に難しくなります。
・4の場合は、高次脳機能障害として審査されることはなく、非該当です。

例を挙げると、軽度外傷性脳損傷(MTBI)は4に該当するため、高次脳機能障害には認定されていません。