頭蓋骨骨折や脳挫傷の被害者には、外傷性てんかんを予防するための措置として、一定の期間、抗けいれん剤を投与します。大半のケースでは、外傷性てんかんを発症することはありません。

ただし、頭蓋骨陥没骨折に限っては、外傷性てんかんを非常に高い頻度で発症させます。外傷によって脳の実質部に残した瘢痕(「はんこん」と読み、外傷が治癒した後に残る変性部分のことを言います。)は、手術を行って摘出する以外で除去することが出来ません。この瘢痕の部分から発する、異常な電気的信号に、周辺の外傷を受けていない正常な脳神経細胞が同調して、けいれん発作を起こすことを、外傷性てんかんと呼びます。


強直性全身けいれん発作



けいれんの発作を繰り返してしまうと、周辺の正常な脳神経細胞も傷ついてしまい、性格変化、知能低下といった精神障害を引き起こし、重症になると痴呆や人格崩壊にまで至ってしまいます。


間代性全身けいれん



深刻な障害ですが、発作を抑える抗けいれん剤を内服するという、薬物療法が基本的な治療となります。内服でも発作を抑えられない場合は、発作が始まる脳部位の部分切除が行われますが、手術をしたとしても術後は長期間の薬物療法を行います。内服を続けて、脳波検査でてんかんを示すスパイク波・鋭波の消失を待ちます。また、抗けいれん剤を内服している最中の女性は、妊娠を避けなければなりません。