① 第1段階の立証

□まずは入口部分の3要件を満たしているかのチェックをします。

意識障害 傷病名 画像所見 高次脳機能障害
×
×
× × × ×

3要件のうち、意識障害の立証が最も重要な部分となります。軽度な意識障害や健忘だと、医師のチェックもおろそかで、立証に苦労することがあります。意識障害の立証を怠ると、その他全てが立証出来ても、高次脳機能障害の認定の望みは消えてしまいます。

□傷病名
脳挫傷、びまん性軸策損傷、びまん性脳損傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、脳室出血のいずれかの傷病名であること。これは骨折後の脂肪塞栓(脂肪組織が遊離して血管を塞栓させること)で呼吸障害が起こり、脳へ供給される酸素が著しく低下して起こる低酸素脳症も含みます。

□上記の傷病がXP、CT、MRIを用いて確認できているか
・局所性の損傷は、MRIのT2FLAIR画像で、脳萎縮と脳室拡大の進行が確認できること
・びまん性軸索損傷の点状出血は、急性期の場合はMRIの拡散強調画像(DWI)を用い、症状固定時期であればMRIのT2スター強調画像を用いて陳旧性の出血痕が確認できること

以上の立証が出来ていない時は、主治医に相談をして該当する撮影を新たに依頼しなければなりません。

② 第2段階の立証

3要件の立証が終われば、そのあとの神経心理学的検査メニューを決定する必要があるため、日常生活に出ている支障の詳細な内容を家族から聴き取ります。

ア 遂行障害と失語について

□被害者の話し方を観察する
・言葉数が少なく、たどたどしい話し方をしている(運動性失語)
・言い間違いが多く、意味不明だったり内容が乏しい空疎な発言が見られる(感覚性失語)

□被害者の態度
怒りやすい(易怒性)、疲れやすい(易疲労性)、集中力の欠如、幼児退行

□家族から日常生活においてのエピソードを聴き、ギャップを抽出する
自分が病気であるという意識(病識)の欠如

イ 記憶障害

□昨日の夕食は、何を食べましたか?
□今日の朝食は、何時ごろ、何を食べましたか?
□事故に遭って以来、物忘れがひどくなっていませんか?
事故前の記憶があやふやになる逆行性健忘、もしくは新しいことを覚えることが出来なくなる前向性健忘

□カップラーメンを作る際、お湯を入れてそのままにしてしまったということはありませんか?
情報を一時的に保ちながら操作をするための領域(ワーキングメモリーといい、会話や思考能力、暗算に対して影響する)の喪失

□家族全員、主治医の先生、自宅のペットの名前を言えますか?
人名や地名など固有名詞を想起できない状態(固有名詞失名辞)

□外出する用事がある日や、病院への通院日を約束しても、単に忘れていたのではなく、約束そのものを一切覚えていないということはありませんか?
言語・聴覚に関する記憶障害

□見知った土地、近隣の場所なのに迷子になったということはありませんか?
□新しい場所に行くと、帰って来られないということはありませんか?
地理や場所に関する障害(地誌的障害)

ウ 視覚認知機能、失認、失行

□歩いているとき、左右どちらかの肩を物や人にぶつけることがよくある
□食卓にいくつか並べられたおかずの、左右どちらか片方にしか手をつけない
□どちらか片側から話しかけられても反応せず、どちらか片側に人が立っていても気付かない
□家の絵を描かせてみるとどちらか片側、半分だけしか描かない
視空間の右半分あるいは左半分の空間しか認識できない(半側空間無視)

□右手を出してと言われて左手を出すなど、左右をよく間違える
左右が分からなくなる(左右失認)、空間認識能力の低下

□主治医の顔や初めて会った人の顔が覚えられない
人の顔を覚えることが出来なくなる(相貌失認)

□箸やスプーン、歯ブラシが使えない
□事故前、頻繁に使っていたものの使い方を忘れてしまった
目的にあった動作や行動を正しくできない(失行)

注意、遂行機能障害

□仕事を始めてもすぐにぼーっとして、集中力を維持できない
□皿洗いの途中で、気が付いたらテレビを見ている
□窓の掃除をしているとき、ずっと同じ部分を拭いている
注意力が散漫になったり、落ち着いて物事に取り組むことが難しくなる注意障害、集中力が著しく下がる、脈絡のない行動やまとまりのない会話、話の内容が飛びがち、いくつかの作業を同時に進めることが出来なくなる、一つのことに固執する

□旅行の計画などの、スケジュールを立てることが出来ない
□買い物の段取り、順序が悪く同じ売り場を何度も行き来するなど、これまでよりも何倍も時間がかかるようになる
□コピーを取ってFAXし、その間に電話をするなどの、同時並行で複数の作業ができない
□家族に催促されないと病院に行かない、薬を飲まない
物事の計画、効率の良い処理、最後までやり遂げられない、同時に二つの作業を進めることが出来ない、自発性が下がる

情動障害、人格変化

□些細なことで怒る
□幼児に戻ったような行動をする、発言が子供っぽくなった
□人前でも平気な様子で着替えをする
□好きなお菓子を食べ続けて他の食べ物に興味を示さない
怒りやすくなる(易怒性)、幼児退行、羞恥心の低下、些細な刺激で急に号泣する・笑う・怒る(感情失禁)、状況に対する衝動・感情を抑えられなくなる(脱抑制)、一つのことにこだわって他のことが出来ない(固執性)、感情を理性で抑えることが出来ない

□以前はゴルフが大好きで毎週のように楽しんでいたが、ゴルフクラブに全く見向きもしなくなった
□猫好きだったのに、飼い猫の世話をしなくなった
□明るくておしゃべりな人だったのに、人が変わったように無口になり、性格が暗くなった
□誰かが私のものをいじった、隠した、盗んだなどのような被害妄想がある
□掃除や片付けを一切しなくなって部屋が乱雑に散らかっている。もしくは、以前はずぼらで掃除が苦手だったのに、几帳面になって、神経質に掃除をするようになった
□常に疲れているようで、家でごろごろして居眠りを頻繁にする。寝落ちもするようになった
性格変化、疲れやすい(易疲労性)

味覚・嗅覚・めまい・ふらつき

□味が付いているのに、ソースやしょうゆをたくさんかけて食べる
□それまでは苦手で食べられなかったものを、食べられるようになった
□ガソリンをこぼしてしまったのに、タバコを吸おうとしてライターを使おうとする
□果物などが、腐っていても平気で食べる

□まっすぐ歩くことが出来ず、蛇行している
□めまいを訴えるようになる、何もないところでつまづき、転倒してしまう
□頭痛に悩むようになった
運動機能の障害は脳幹出血
平衡感覚の喪失、運動神経の急激な低下は小脳の損傷

麻痺

□車いす、杖、装具の使用の具合、状況
□どちらか片方の足、手を物などによくぶつける。片方の腕、脚に傷やあざが絶えない
□やけどをする。お風呂に入るとき、手、足の左右によって感じる熱さが異なる
□自力での排便、排尿が出来なくなった。尿漏れを頻繁に起こすようになった、反対に尿が出なくなった
排泄、ED障害

③ 第3段階の立証

②で聴き取った結果をもとに、28項目の神経心理学的検査の中から、適切な検査を実施します。
28項目の検査は以下の通りです。

1 ミニメンタルステート検査(MMSE)
2 長谷川式簡易痴呆スケール(HDS-R)
3 ウェクスラー成人知能検査(WAIS-R) 
4 コース立方体組み合わせテスト(Kohs)
5 ウィスコンシン・カード・ソーティングテスト(WCST)
6 Tinker Toy Test
7 WAB失語症検査
8 標準失語症検査(SLTA)
9 老研版失語症鑑別診断検査
10 レーブン色彩マトリックス検査(RCPM)
11 日本版ウェクスラー記憶検査(WMS-R)
12 リパーミード行動記憶検査(RBMT)
13 三宅式記銘力検査
14 ベントン視覚記銘検査
15 レイ複雑図形再生課題(ROCFT)
16 街並失認、道順失認、地誌的記憶障害検査
17 抹消検査、模写検査
18 行動性無視検査(BIT)
19 標準高次視知覚検査
20 トレイル・メイキング・テスト(TMT)
21 パサート(Paced Auditory Serial Addition Task、PASAT)
22 注意機能スクリーニング検査(D-CAT)
23 標準注意検査法・標準意欲評価法(CAT・CAS)
24 BADS(Behavioral Assessment of the Dysexecutive Syndrome)
25 100-7等の数唱
26 MMPI(ミネソタ多面人格目録)
27 CAS不安測定検査
28 ロールシャッハテスト

高次脳機能障害のリハビリに積極的に取り組んでいる病院であったとしても、最適な検査が行われるとは限らず、被害者にとって一番重要な問題とされる障害を浮かび上がらせることが出来ないケースもみられます。そうなると、5級2号が適正な等級であったとしても、7級4号、9級10号の認定となってしまいます。このような場合は、こちらから必要としている適切な検査を具体的に挙げて、その実施を依頼しなければなりません。

④ 最終段階の立証

最終段階は、「後遺障害診断書」「神経系統の障害に関する医学的意見」「日常生活状況報告」による立証を行います。「後遺障害診断書」「神経系統の障害に関する医学的意見」の二つは、主治医に記載を依頼します。内容については、主治医との打ち合わせが必要となることがあります。

「日常生活状況報告」は、検査結果と聴き取りの内容をもとに4種類の問題点をまとめます。①意思疎通能力、②問題解決能力、③持続力・持久力、④社会行動能力の4つです。この4つそれぞれ、具体的なエピソードを入れて内容を充実させていきます。

高次脳機能障害の立証は、以上で完了です。あとは、後遺障害等級の認定申請を被害者請求で行います。

後遺障害が認定されたら、立証をもとに損害賠償請求を行うことになります。高次脳機能障害では、大半が訴訟での決着となります。つまり、裁判官を納得させる立証が必要となり、弁護士なら誰でも良いというわけでは無く、交通事故に精通した弁護士であることが大前提です。高次脳機能障害は、当事務所にお任せ下さい。