302-1

自転車、あるいはバイクと車においての交通事故で、被害者が転倒し、手や肘や肩を打撲した際、その衝撃が鎖骨に伝わって鎖骨骨折を発症するケースがあります。車同士の場合だと追突、出会い頭の衝突、正面衝突の際にシートベルトで圧迫されることで鎖骨骨折を発症するケースがあります。

鎖骨の横断面は、中央部分から外に向かって、三角形の骨が薄く平らになっていくのが特徴です。この部分は一番もろい、弱点ともいうべきポイントで、鎖骨骨折の実に80%がこの薄く平らになっていく部分で発症しています。この部分は肩関節に近いところから、遠位端骨折と呼ばれています。

次いで鎖骨骨折が見られやすい部位は肩鎖関節部です。肩鎖靭帯が断裂した場合、肩鎖関節が脱臼し、鎖骨が上方に飛び上がるというケースです。

治療は手術ではなく、ほとんどのケースにおいて固定をして、安静にしている保存療法がとられます。胸を張って肩をできるだけ後ろ上方に引き上げるようにしてクラビクルバンドを装着し、そのまま固定するという方法です。

302-2
クラビクルバンド

成人の場合、一般的には4週間から6週間の固定で骨折した部分が癒合するとされています。

後遺障害認定のポイント

① 鎖骨は体幹骨ですので、変形があれば体幹骨の変形とみなされ、12級5号の認定が想定されます。裸体で外部から変形していることが確認できれば、その認定基準を満たします。

ただし、変形と同時に骨折部に運動痛があるかどうかもポイントとなります。12級5号では、骨折部の疼痛も周辺症状として含まれています。つまり、疼痛の神経症状で12級13号が認定され、体幹骨の変形と併せて併合11級となることはありません。

しかし、もし痛みが無いという場合だと、12級5号が認定されたとしても逸失利益が認められませんが、運動痛があると認められれば、10年ほどの逸失利益が見込めます。変形によって起こる痛みは、鎖骨骨折部分のCT撮影、3D撮影によって骨の癒合状況を明確にして立証します。

② 鎖骨の遠位端骨折部が変形していると、肩関節の可動域に何らかの影響を与えると考えられます。鎖骨の変形とともに肩関節の機能障害があるときは、後遺障害の対象となります。

骨折した部位が変形していることをCTや3D撮影で立証したうえで、肩関節の可動域が左右差で4分の3以下に制限されている場合だと、12級6号が認定され、前述の変形によって認められた12級5号と併せ、併合11級となります。

302-3302-4
部位 主要運動 参考運動
肩関節 屈曲 外転 内転 合計 伸展 外旋 内旋
正常値 180° 180° 360° 50° 60° 80°
8級6号 20° 20° 40°
10級10号 90° 90° 180° 25° 30° 40°
12級6号 135° 135° 270° 40° 45° 60°

肩関節の機能は主要運動が複数ありますが、屈曲、もしくは外転+内転のいずれかの可動域が、正常値の2分の1以下になっている場合は、肩関節の機能が著しく障害を残すものとして10級10号、4分の3以下になっている場合は12級6号が認定されます。屈曲と外転+内転の両方ではなく、いずれかの運動制限で認定されていることに注目してください。

主要運動の可動域が2分の1以下や4分の3以下をわずかに上回っている場合には、参考運動が考慮され、参考運動が2分の1以下、4分の3以下に制限されているときは10級10号、12級6号が認定されます。「わずかに」とは、具体的には10級10号で10度、12級6号で5度とされています。