肩鎖関節脱臼のグレード
Ⅰ 捻挫 肩鎖靭帯が部分損傷しており、烏口鎖骨靭帯、三角筋と僧帽筋は正常でXP検査では異常が見られない。
Ⅱ 亜脱臼 肩鎖靭帯が断裂し、烏口鎖骨靭帯は部分損傷し、三角筋と僧帽筋は正常。XP検査では関節の隙間が広がって鎖骨遠位端がわずかに上に向かってずれていると確認できる状態。
Ⅲ 脱臼 肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯の両方が断裂し、大半の場合で三角筋と僧帽筋が鎖骨の端から外れている状態になっている。XP検査で鎖骨遠位端がはっきりと上にずれていると確認できる。
Ⅳ 後方脱臼 肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯の両方が断裂し、三角筋と僧帽筋が鎖骨の端から完全に外れている状態。鎖骨遠位端が後ろに向かってずれている脱臼のこと。
Ⅴ 高度脱臼 Ⅲの脱臼の状態において特に程度が強いもののこと。肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯の両方が断裂し、三角筋と僧帽筋は鎖骨の外側3分の1より完全に外れている状態。
Ⅵ 下方脱臼 非常にまれな脱臼で、鎖骨の遠位端が下に向かってずれている状態のこと。

肩鎖関節は鎖骨と肩甲骨の間に位置している関節です。上記の表に書いたように、肩鎖関節脱臼は肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯の損傷の程度、鎖骨のずれの程度などによって6つのグレードに分かれます。大半のケースではⅢ未満ですが、まれにⅣ以降のグレードが認められることがあります。

具体的な治療法は、ⅠとⅡとⅢの場合だと保存療法を、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵは手術をして固定をするという治療を行います。

後遺障害認定のポイント

①グレードⅠの場合だと後遺障害は残りません

②グレードⅡとⅢでは外見で鎖骨が突き出し、ピアノキーサインが陽性となれば体幹骨の変形が認められます

ピアノキーサインが陽性というのはピアノの鍵盤を押すように、指で軽く押してみたときに浮き沈みが見られる状態のことです。つまりXP検査をしなければ分からない程度のものは該当しないということです。ピアノキーサインが陽性であれば、その変形を写真撮影し、後遺障害診断書に添付しましょう。

変形による運動痛があるかどうかも重要なポイントです。体幹骨の変形が認められれば12級5号が認定されますが、疼痛も周辺症状も条件として含まれていますので、12級5号に併せて疼痛の神経症状で12級13号が認定されて併合11級となることはありません。

痛みがないとしたら、変形が認められて12級5号が認定されたとしても逸失利益は認められませんが、運動痛が認められれば10年ほどの逸失利益が見込まれます。変形によって引き起こされている痛みは自覚症状のほかに、CTと3D撮影で立証します。反対に、変形が認められないが肩鎖関節部に痛みがあると立証できれば14級9号の認定を得られるケースもあります。

③肩関節の可動域への影響、機能障害が後遺障害の対象となることもあります

肩鎖関節部の靭帯損傷、変形などによって肩関節の可動域が、正常な側の関節可動域と比べて制限されている場合は後遺障害の対象となり得ます。以下の表を詳しく解説していきますと、10級10号にある可動域が正常な側と比べて2分の1以下というのは、だいたい手が肩の位置あたりまでしか上がらないイメージで、12級6号の4分の3以下という場合では肩の位置を超えるほどは上がるが、一番上までは上がらないというイメージです。可動域の正常値と、各等級においての具体的な数値は鎖骨骨折のページを参考にしていただければと思います。

>>鎖骨骨折

まとめると、

等級 症状固定時の症状
10級10号 可動域が正常な側と比べて2分の1以下の場合
12級6号 可動域が正常な側と比べて4分の3以下の場合
12級5号 鎖骨の変形を残す状態
14級9号 脱臼の部分に痛みがある状態
併合9級 肩関節の可動域において10級10号に当てはまり、さらに鎖骨の変形が認められて12級5号と併合された場合
併合11級 肩関節の可動域において12級6号に当てはまり、さらに鎖骨の変形が認められて12級5号と併合された場合

となります。

表を見ても分かるように、肩関節の機能障害と、鎖骨の変形障害が認められると併合の対象になります。ただし、鎖骨の変形とそれに伴う痛みは変形の周辺症状として扱われるため併合はされません。ですが、等級が併合されなくとも、痛みが残っているのであればしっかりと訴えて後遺障害診断書に記載してもらう必要があります。