305-1

肩関節は、軟骨をはさんで骨同士で接する面が小さく、腱板と呼ばれるベルトのような組織が上腕骨頭の大きい範囲をカバーしているようになっています。バンザイの動きをした場合腱板は、肩峰、肩甲骨の一番外側や靭帯から構成されるアーチの下に潜り込むように動きます。そのアーチと腱板の間には肩峰下滑液包=SABというものがクッションの役割を担っています。

肩腱板とは、肩関節のすぐ外を囲んでいる、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉で構成される部分のことです。事故において手をついて転倒した際に、衝撃によって肩をひねることがありますが、その場合において損傷、断裂しやすいのが肩腱板を構成している棘上筋の腱なのです。棘上筋腱は上腕骨頭部にくっつくように位置しており、くっついている付近がもっとも損傷、断裂しやすい弱点となっています。

305-2
部分断裂          完全断裂

腱板が断裂した場合、非常に激しい痛みと腫れが発生します。特に肩を自力ではなく、他人の力で動かされた場合に特有な痛みが出ます。しかし、腕をまっすぐ伸ばして降ろした気をつけの姿勢から、ゆっくりと横に向かって腕を上げていくと、肩からおよそ30度上げたところで痛みが消えます。もし完全断裂の場合だと、自力で腕を上げることは出来ず、他人の力を借りても疼痛が発生して肩の高さ以上は上がりません。

担当の医師は、肩が挙げられるかどうか、肩が挙げられるなら挙げたときに肩峰下に軋轢音が出るかどうか、肩関節に拘縮があるかどうかを確認し、もし棘下筋萎縮や軋轢音が聞こえた場合は、腱板断裂と診断します。XPでは肩峰と上腕骨頭の裂陵が狭くなっているのが確認でき、MRI検査では骨頭の上の方に位置する腱板部分に、白くなっているところが確認できます。

断裂している場合は、肩関節造影をすると肩関節から断裂によって造影剤が漏れているのが確認できます。これはエコーやMRI検査でも同様に断裂部分が確認できます。

もともと腱板は年齢とともに変化していくもので、肩峰と上腕骨頭の間に存在し、常に圧迫されている部分です。

後遺障害認定のポイント

① 肩腱板の部分損傷は、若年者の場合だと大半のケースではリハビリ治療で治癒していきます。事故直後は非常に強い痛みがあり肩の可動域も大きく制限されていますが、疼痛管理によって炎症を抑えながら、リハビリを行って肩の可動域を少しずつ取り戻していく必要があります。

② 肩腱板の広範囲の断裂の場合にはどのような姿勢をとっても激しい痛みを感じ、夜も痛みによって眠れない、とても耐えがたいという若年者に対しては、腱板修復術を用います。ただし、中年以上では、肩関節が拘縮する可能性があるため安静にしたまま2週間程度、外固定で治療をしていく方法が大半です。

③ 肩腱板断裂は、MRI検査かエコー検査にて立証する必要があります。これは医師がXP検査を用いて肩峰と上腕骨頭の裂陵が狭くなっていると指摘したとしても、MRIかエコー検査で立証したわけではないため、自賠責の調査事務所は立証したとは認めません。

④ 症状固定の時期の目安は、受傷から半年経過後です。むやみに治療を長引かせると、可動域が4分の3を超えてしまい、等級に該当しなくなることがありますので、気をつけてください。

また、後遺障害等級は被害者が中年以上の場合であれば、肩関節の機能障害が認められて12級6号となるケースがほとんどです。10級10号に該当するケースは極めてまれですが、腱板の広範囲断裂や肩関節の脱臼、鎖骨の遠位端粉砕骨折などが同時に発生して合併している場合はこの限りではありません。