「ゆうこうこつこっせつ」と読み、鉤骨折(こうこっせつ)と呼ばれることもあります。有鉤骨は、右手を例に挙げると環指と小指の中間、下方にある手根骨の一つで、手のひらの側に突起=鉤が存在するという特異な骨になっています。

鉤骨折
鉤骨折写真
手のひら側のCT画像から、突起=鉤の骨折が確認できます。

交通事故においては、バイクのアクセルを握った状態で出合い頭衝突をした際に右手に発症するケースが多くみられます。また、バイクや自転車から転倒して手をつくことでも発症しています。

交通事故以外のケースだと、ラケットやバット、ゴルフクラブのグリップを振った時に、有鉤骨骨折が発生しています。ずれがない骨折の場合だとおよそ6週間、前腕部以下のギプス固定をして治療していきます。ずれ(転位)が大きい場合だと、骨折した鉤の切除を行います。切除をする場合は、1週間の外固定をすれば、手は使用できるようになりますが、再びスポーツを開始するには、4週間以上の時間がかかります。

後遺障害認定のポイント

① スポーツの際の骨折なら、一般的には、後遺障害が残りません。スポーツに伴う有鉤骨骨折では、ギプス固定の場合でも切除術の場合でも、後遺障害は残らずに治癒していきます。

② ところが、交通事故の場合は、衝撃、破壊力がスポーツとは桁違いなため、骨折部分の痛みが長期に渡って続くことが予想されます。骨折部の変形を3DCTを用いて立証して、神経症状で、12級13号、14級9号の認定を得ることを目指します。少数ですが、手関節の可動域制限で12級6号の認定の可能性もあります。

③手根骨の骨折は、主治医が見逃すことが多いため、すぐにでも専門医を受診してください。

骨折部は受傷直後から痛みや動作痛が発生しますが、激痛というわけではありません。つまり、痛みの訴えが乏しくなりがちだということです。さらに、有鉤骨骨折は、XP撮影をしたとしても、2方向からでは確認できません。主治医に「しばらく様子を見てみましょう」と言われ、数か月様子を見たが痛みは引かないため、初めて専門医を受診して、ようやく有鉤骨が骨折していると発見されても、時間が経ち過ぎていると自賠責の調査事務所は本件事故との因果関係を疑うため、後遺障害の認定には不利になってしまうのです。主治医に期待できない場合は、出来るだけ早いうちに専門医を受診しましょう。