手根骨

交通事故において、手の外傷というのは非常に高い頻度で発生しています。しかし、疼痛や腫れ、変形などの症状が軽いと診察されると、そのまま捻挫、打撲、挫傷などと断定されて十分な治療がされず、場合によっては放置されることもあります。これは脱臼や亜脱臼の場合でも、整復後にはフォローも無く放置されることが多く見られます。

比較的症状が軽いと診察され、その後も漫然と治療を続けた結果、保険会社が治療の打ち切りを決断したころになって、後遺障害について相談されることがあります。しかしそれでは、手遅れと言わざるを得ません。

後遺障害認定のポイント

(1)頻繁にみられる3つのパターンを挙げていきます。

① 救急搬送された治療先で手の専門医の診察を受けられれば、異常を見逃すことはありません的確な画像検査を用いて、骨折や脱臼、靭帯損傷が見つかり、手術などの治療をこれ以上ないほどのベストタイミングで受けられます。そうすると、当然ですがこのパターンだと大きな後遺障害は期待できません。しかし、劇的な改善により非常に早い段階で社会復帰ができるわけですから、これはこれで理想的な解決です。もっとも、このパターンは、あまり多くは見られないケースです。

② 手の痛みを訴えてみても「もう少し様子を見てみましょう」と言うだけで、特に処置をされない時に取るべき行動は、とにかくすぐに専門医を受診することです。受傷から2か月以内に専門医に受診出来れば、適切な治療に間に合い、大きな後遺障害を残さずに社会復帰出来ます。

③ 最悪なパターンが、意味のない治療をむやみに漫然と続けてしまい、保険会社から治療の終了を打診されたころになって、やっと動き始めるパターンです。このころになって骨折が発見されても、自賠責の調査事務所は被害者に対して事故との因果関係の立証を要求してきます。むろん、立証が出来なければ、後遺障害には該当になるのです。

(2)被害者が目指すべき一番の目的は、早期の社会復帰をすることです。交通事故は、予想以上の衝撃を受けた結果、不可逆的な損傷を被ってしまうことがあります。早期に専門医を受診できたとしても、全ての人が後遺障害も無く完治するということではありません。ときには、後遺障害によって、その後の生活に重大な支障を残すこともあります。しかし、治療先の選択を間違わなければ、納得のいく治療と、早期の社会復帰が実現できるのです。