指
指を上から見たときの解剖図

指伸筋腱が断裂すると、筋が収縮しても、その力が骨に伝達されることはなく、手指を伸ばすことができなくなります。切創や挫創による開放性損傷と、創(きず)がなくて生じる閉鎖性損傷、皮下断裂があります。皮下断裂は、突き指などの外力によって生じるもので、これが圧倒的に多数です。

開放損傷により、手の甲で腱が断裂したときは、MP関節(指の付け根の関節)での手指の伸展が不良となります。しかし、手背部の伸筋腱は、腱間結合という組織で隣の伸筋腱と連結しているので、完全に伸展することはできませんが、一定程度までの伸展は可能です。

症状としては、手指の関節の伸展が不良となります。骨折と違い、強い疼痛を伴うことはありません。DIP関節(指の先端から最初の関節)、PIP関節(指の先端から2番目の関節)の背側での皮下断裂は、放置すると伸筋腱のバランスが崩れ、スワンネック変形やボタンホール変形という手指の変形に発展します。

手指の変形

皮膚が断裂する開放性の損傷では、早期に開創し、短縮している腱の断端を引き寄せて、縫合しなければなりません。DIP関節(指の先端から最初の関節)、PIP関節(指の先端から2番目の関節)の背側での皮下断裂は、一般的には、保存療法で治療、装具により、手指を伸ばした状態で4週間以上固定します。この間、固定を外さないようしなければなりません。病的断裂(骨の突出による摩擦や病的滑膜(かつまく)による侵食などによって、弱くなった腱が切れること)では、手関節背側で生じた皮下断裂は、手術が必要です。断裂した腱の断端同士を縫合ができないことが多く、腱移行術や腱移植術などが行われています。