右手

中手骨の基底部骨折は、直接の打撲などで発症しています。基底部とは、中手骨のうち、下部の部位です。脱臼骨折では、手部の隆起、突出、手指の顕著な変形が見られます。親指の中手骨骨折は、CM関節に近い付け根部分に発生することが多いのですが、親指の中手骨基底部関節内の脱臼骨折では、尺側(尺骨の側)基底部に骨片を残し、遠位骨片が橈側(橈骨の側)近位へ向けてずれるものをベンネット骨折と呼んでいます。交通事故では、手を固く握った状態で、打撃、打撲などの衝撃が加わって発症しています。

この骨折は、整復位保持(整復した位置の保持)が困難な骨折として知られており、わずかなずれが残っても痛みが持続し、親指に機能障害を残すことから、手術が選択されています。