1 事故発生

八戸市在住の30代の重機オペレーター(男性)が、追突事故により、頚部外傷、背部挫傷などの傷害を負いました。

2 相談・依頼のきっかけ

「なかなか症状が改善せず、治療の内容に不安がある」、「保険会社からそろそろ症状固定と言われている」とのことで、ご相談いただきました。お客様からお話しいただいた治療の内容に特に問題はないと考えられたため、当事務所の弁護士がその旨と後遺障害等級の認定手続等についてご説明させていただいたところ、今後の対応をご依頼いただくことになりました。

3 当事務所の活動

保険会社からお客様に毎月休業損害が支払われていましたが、その計算方法に誤りがあり、本来もらえるよりも低い金額しか支払われていなかったため、当事務所の弁護士がその誤りを指摘したところ、前月までの不足額の合計29万円を支払わせたうえ、当月以降も正当な金額を支払うように是正させることに成功しました。

また、当事務所の弁護士がお客様の通院に同行し、お客様の傷害の状況や後遺障害の見通しを把握しながら、後遺障害等級の認定申請の準備を進めました。そして、症状固定のあと、当事務所の弁護士が被害者請求で後遺障害等級認定の申請を行い、適正等級である14級9号を獲得しました。この時点で、後遺障害14級の自賠責保険金75万円が支払われました。さらに、適正な金額での賠償金を獲得すべく、速やかに訴訟を提起しました。

4 当事務所が関与した結果

訴訟提起から約3か月の裁判期日で、裁判基準による賠償額での和解を勝ち取りました。当事務所の成果としては、休業損害の不足額を支払わせた29万円、後遺障害14級の自賠責保険金75万円、訴訟で合意した裁判基準での賠償金203万円で、合計307万円の獲得となりました。

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。
他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。
しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。
そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得額として記載させていただいております。

5 解決のポイント(所感)

お客様が交通事故による負傷のため、仕事に復帰できずにいたところ、休業損害の不足額の支払、後遺障害の自賠責保険金、訴訟による損害賠償金と、随時金銭の給付を獲得していったことで、お客様の生活を維持しながら、訴訟による適正な賠償額での解決を実現することに成功しました。

6 お客様の声

分かりやすく親身な対応でありがとうございました。


※クリックすると拡大されます。