自動車やバイクなどで交通事故の被害に遭ったとき、車両の損傷による物損(物的損害)が発生します。
そして、交通事故による被害の中には、物損のみが発生するケースと、物損および人損(人身損害)が同時に発生するケースとがあります。

このような物損事故については、損害額や過失相殺・過失割合が争いとなることも珍しくなく、八戸シティ法律事務所でも、多数の物損事故のご相談・ご依頼をお受けしております。
また、加害者が運転する車が無保険である場合には、物損にかかる損害賠償金の請求・回収に苦慮するという例が多く見られ、八戸シティ法律事務所では、このような事案へのサポートも承っております。

物損事故の被害についてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。
八戸シティ法律事務所では、物損事故の被害案件への対応実績が豊富にございますので、経験豊富な弁護士が被害者の方に対し、適切なアドバイスと解決に向けたサポートを提供させていただきます。

なお、八戸シティ法律事務所では、物損事故のみのご相談については、自動車保険の弁護士費用特約を使用できる場合に限り、お受けさせていただいております。
物損事故につきましては、問題となる経済的利益(争いとなる損害賠償金の額)が小規模であることが多く、弁護士費用特約を使用できなければ、弁護士に依頼すると費用倒れ(弁護士に依頼することで期待できる成果と比較して、弁護士費用が高くついてしまうこと)に陥る可能性が高く、お客様に損失を負わせるリスクがあるためです。
何卒、ご了承ください。

物損事故についてはこちらもご覧下さい

●物損事故について
●交通事故による物損(物的損害)の種類
●分損・全損と車両損害の賠償(車両修理費、車両時価額・買替諸費用)について
●評価損(格落ち損害)について
●代車使用料(レンタカー代)の賠償について
●休車損(休車損害)の賠償について
●その他の物損(物的損害)の賠償について
●加害者が無保険の場合の対応について
●物損事故における弁護士費用特約の活用について
●物損事故を弁護士に相談・依頼するメリット