交通事故

あなたの大切な人が突然の交通事故で亡くなってしまったら・・・。

ついさっきまで元気だった方の命が突然奪われてしまう。それが交通事故です。ご遺族の方の悲しみや怒りは想像を絶するものがあります。被害者の方の葬儀や死後の諸手続に追われる中で、交通事故への対応が始まっていきますが、示談交渉や訴訟などの複雑な問題に対し、冷静に対処していくのは容易なことではありません。

弁護士として、ご遺族の皆様にお力添えできることは、被害者側が被った損害について、適正な賠償金を確保できるように、弁護活動を行うことです。

保険会社は営利企業であるため、被害者側に対する損害賠償を低く抑えようとしてきます。最初は、裁判基準と比べて著しく低い金額を提示してくるのが通常なのです。ご遺族の方だけでこのような相手に立ち向かっていくことは、非常に負担が大きく、危険なことと言えます。

死亡事故のように被害が重大なケースでは、弁護士に依頼して裁判をすることによって、賠償金が保険会社の提示額からかなり高くなるのが通常です。本来ならば、裁判で認められる金額こそ、ご遺族に補償されてしかるべき賠償金なのですが、そのことを知らずに、保険会社の提示額のとおりに示談をしてしまう方も多い現状があります。

八戸シティ法律事務所では、交通事故で大切な方を亡くされた方々が正当な補償を受ける権利を守りたいという思いから、ご相談・ご依頼いただいた賠償請求に全力で取り組んでいます。死亡事故でお悩みのことがありましたら、八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

死亡事故に関する解決事例はこちらをご覧下さい

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得額として記載させていただいております。


死亡事故について、裁判で1800万円増額の3960万円を獲得した事案
死亡事故について、裁判で1778万円増額の4476万円を獲得した事案
死亡事故について、裁判で831万円増額の3430万円を獲得した事案
死亡事故について、裁判で1045万円増額の4000万円を獲得した事案
死亡事故について、示談で2000万円を獲得した事案
死亡事故について、裁判で4000万円を獲得した事案

お客様から暖かいお手紙をいただきました

お客様からのお手紙1
お客様からのお手紙2

※他のお客様からのお手紙はこちらに掲載しております。

死亡事故についてはこちらもご覧下さい

●死亡事故の被害者のご遺族の方へ
●死亡事故の損害賠償
●死亡事故の逸失利益
●死亡事故の慰謝料
●死亡事故の過失割合
●死亡事故の対応を弁護士に依頼すべき理由