1 事故発生

30代の男性(公務員)が、信号待ちで停止中に追突される自動車事故の被害に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫などの傷害を負いました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、症状固定に至ると、頚椎捻挫後の頚部から両肩にかけての痛みの症状について14級9号、腰椎捻挫後の腰部痛・左下腿外側のしびれ等の症状について14級9号、併合14級の後遺障害等級の認定を受けました。
後遺障害等級の認定手続は、当事務所とも関係のある士業事務所に依頼して被害者請求で行ったものであり、自賠責保険金75万円を受領したあと、適正な賠償金の獲得に向けて、当事務所で損害賠償請求の手続を進めることとなりました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、裁判基準での満額賠償の獲得を目指して、速やかに訴訟提起を行いました。

4 当事務所が関与した結果

訴訟では、保険会社の弁護士が通院期間の相当性や後遺障害の存在について争ってくるという、むちうちや腰部痛で後遺障害14級の事案でのお決まりのパターンでした。
当事務所の弁護士は、こうした保険会社の主張に対し、蓄積された経験とノウハウに基づいて、徹底的に反論を加えていきました。
その結果、保険会社の主張は裁判官によって全否定され、裁判基準に基づいて支払額295万円の和解案が示されました。
その後、当事務所の弁護士が依頼者の意向を受けて保険会社の弁護士との増額調整を行い、支払額300万円での和解成立に至りました。

主な賠償項目 獲得額
傷害慰謝料 100万円
後遺障害逸失利益 101万円
後遺障害慰謝料 110万円
調整金(弁護士費用・遅延損害金を考慮) 34万円

訴訟での支払額300万円と、後遺障害14級の自賠責保険金75万円とを合わせて、合計375万円の獲得となりました。

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。
他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。
しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。
そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得額として記載させていただいております。

5 解決のポイント(所感)

むちうちや腰部痛で後遺障害14級の事案では、訴訟における保険会社の争い方にパターンがあります。
こうした保険会社の争い方に、迅速・的確に対応して早期に適正な解決に導くためには、交通事故の訴訟に精通した弁護士の経験とノウハウが物を言うのです。

6 お客様の声

対応に感謝いたします。
ありがとうございました。

※クリックすると拡大されます。