1 事故発生

60代の主婦の女性が、横断歩道を歩行中に、加害者運転の自動車に衝突され、第12胸椎圧迫骨折の傷害を負いました。

2 相談・依頼のきっかけ

事故直後の時期に当事務所にご相談にお見えになり、今後の対応の一切を依頼したいとのことで、当事務所にご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、依頼者が症状固定に至ると、すぐに、被害者請求で後遺障害等級の認定申請を行いました。
その結果、第12胸椎圧迫骨折後の脊柱の変形障害で後遺障害8級相当(適正等級)の認定を受けました。
この時点で、後遺障害8級に対応する自賠責保険金819万円が確保されました。
そして、当事務所の弁護士は、適正な賠償金の支払を受けるため、依頼者の同意のもとに、速やかに訴訟を提起しました。

4 当事務所が関与した結果

訴訟では、保険会社の弁護士は、休業損害や後遺障害逸失利益の金額を争ってきました。
これに対し、当事務所の弁護士が適宜、適切な主張・立証を展開していったところ、裁判所からは、こちらの主張をほぼすべて認める内容での和解案が示されました。
この裁判所の和解案に双方が合意したため、上記の自賠責保険金819万円に訴訟での和解金1600万円を加えて、合計2419万円の獲得で決着しました。

主な損害項目 金額
休業損害 125万円
傷害慰謝料 124万円
後遺障害逸失利益 1280万円
後遺障害慰謝料 830万円

※いずれも、裁判基準の満額の賠償を獲得しました。

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。
他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。
しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。
そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得額として記載させていただいております。

5 解決のポイント(所感)

当事務所の弁護士による訴訟での精力的な活動の結果、多くの賠償金を獲得することができました。
当事務所の弁護士の活動とその結果に対し、お客様からは感謝・満足とのお声をいただきました。
大変うれしく思います。

6 お客様の声

交通事故の後遺障害の件で大変ありがとうございます。
始めての事でしたので、本当にありがとう。
感謝の気持ちでいっぱいです。

※クリックすると拡大されます。