1 事故発生

80代の女性が、歩道・車道の区別のない道路を歩行中に、業務中のフォークリフトにはねられる事故に遭い、亡くなられました。

2 相談・依頼のきっかけ

ご遺族の方は、「初めてのことなので、何をしなければならないのか分からない。」とのことで相談に来られ、当事務所の弁護士が、損害賠償の項目や、裁判基準の賠償額について具体的な内容の説明をしたところ、「適正な賠償を受けられるようお願いしたい。」とのことで依頼されました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、ご遺族の方と相談の上、自賠責保険の被害者請求の手続を先行させることとして、依頼者に代わって必要書類・立証資料を揃えた上で、請求手続を行いました。
その結果、自賠責保険金1730万円を確保しました。
そして、相手方としてやり取りを行っていた加害者の勤務先(相手会社)の対応状況を踏まえ、示談でも裁判基準による解決が可能であると考えられたことから、示談交渉から始めることとしました。

4 当事務所が関与した結果

当事務所の弁護士は、年金生活者であった被害者の逸失利益については、年金逸失利益に加えて、同居家族の家事を担っていたことを踏まえて、その貢献割合に応じた家事労働の逸失利益も算定して、合計766万円を請求することとしました。
また、死亡慰謝料については、過去の裁判例を適示して、本人の慰謝料とご遺族の方の慰謝料を合わせて2600万円を請求することとしました。
そのほかに葬儀費用150万円を加えて、損害の合計額は、3516万円と計上しました。
そして、損害の合計額から既に受領済みの自賠責保険金を控除した、1786万円を相手会社へ請求しました。
そうしたところ、相手会社が合計1786万円の請求額にそのまま応じて、示談成立となりました(主な損害項目は、下記の表のとおりとなります)。
受領済みの自賠責保険金1730万円と合わせると、合計3516万円の獲得でした。

主な損害項目 金額
死亡慰謝料
(遺族の慰謝料を含む)
2600万円
逸失利益 766万円
葬儀費用 150万円

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。
他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。
しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。
そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得金額として記載させていただいております。

5 解決のポイント(所感)

本件では、相手会社の対応状況を踏まえた当事務所の弁護士による活動の結果、示談で、裁判基準での適正な損害賠償を勝ち取るという解決を図ることができました。
また、ご遺族からの聞き取り内容を踏まえて、逸失利益の家事労働分も請求して獲得できたことで、ご本人及びご遺族の被った損害を補償する適正な賠償となりました。

6 お客様の声

このたびは、大変お世話になりました。
安心し、母にも報告したいと思います。
長い間でしたが、ありがとうございました。

※クリックすると拡大されます。