1 事故発生

80代の女性が、バス停でバスを待っていたところ、スリップして路肩に進入してきた自動車にはねられる事故に遭い、亡くなられました。

2 相談・依頼のきっかけ

ご遺族の方は、「母の無念を晴らすために、出来る限りの対応をしたい。」とのことで当事務所へ相談に来られました。
当事務所の弁護士が、亡くなられたお母様のためにも適正な賠償を請求していくことが大切であることや、今後の対応などについて説明をしたところ、「母の無念が少しでも晴れるように、きちんと適正な賠償を請求したい。」とのことで、当事務所にご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、ご遺族の方と相談の上、自賠責保険の被害者請求の手続を先行させることとして、依頼者に代わって必要書類・立証資料を揃えた上で、請求手続を行いました。
その結果、自賠責保険金1989万円を確保しました。
そして、保険会社の対応状況を踏まえ、示談でも裁判基準による解決が可能であると考えられたことから、示談交渉を行うこととしました。

4 当事務所が関与した結果

当事務所の弁護士は、被害者の逸失利益については、過去の裁判例を適示して、年金逸失利益に加えて、二男と同居して家事を担っていたことを踏まえて家事労働の逸失利益も算定して、合計1013万円を請求することとしました。
また、死亡慰謝料については、過去の裁判例を示して、本人の慰謝料とご遺族の方の慰謝料を合わせて2500万円を請求することとしました。
そして、治療費や葬儀費用などを加えた損害の合計額から、保険会社既払額と受領済みの自賠責保険金を控除した、1617万円を保険会社へ請求しました。
そうしたところ、保険会社が合計1617万円の請求額にそのまま応じて、示談成立となりました(主な損害項目は、下記の表のとおりとなります)。
受領済みの自賠責保険金1989万円と合わせると、合計3606万円の獲得でした。

主な賠償項目 金額
死亡慰謝料
(遺族の慰謝料を含む)
2500万円
逸失利益 1013万円

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。
他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。
しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。
そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得金額として記載させていただいております。

5 解決のポイント(所感)

本件では、裁判例も示しつつ、裁判の場合と同じ程度の主張と証拠の開示を行ったことで、示談で速やかに、裁判基準での適正な損害賠償を得る解決を図ることができました。
逸失利益の家事労働分も請求して獲得できたことで、ご遺族の方の「母の無念が少しでも晴れるように、きちんと適正な賠償を」というお気持ちに沿った解決ができたと思います。

6 お客様の声

今回の死亡事故により相手保険会社とのやり取り等で困っていた所、八戸シティ法律事務所様に相談し、依頼したところ、山口先生を紹介してもらい示談までスムーズに対応して頂き、本当にありがとうございました。
正直、若い先生なので大丈夫かなと思っていました所、丁寧な説明と分かり易く説明していただき、信頼できると思っていましたが、こんなにも早く示談にこぎつけて本当にありがとうございました。

※クリックすると拡大されます。