久慈市の交通事故被害者の方へ、賠償金や解決までの流れについて弁護士が解説します。

弁護士木村哲也

当事務所では、交通事故被害者の方からのご相談・ご依頼に日々対応させていただいております。交通事故被害者の方の多くは、初めて交通事故に遭うため、「何をどうしたら良いのか」とお悩みの方も少なくありません。



賠償金について

交通事故で負った怪我は、後遺障害として一生あるいは長年にわたって残存することがあります。このように後遺障害が残るケースでは、交通事故被害者の方のその後の人生に多大な影響を及ぼすことも少なくありません。そのため、保険会社から適正かつ十分な補償(賠償金)を受け取っていただくことが必要です。

また、適正かつ十分な賠償金を受け取るためには、適正な後遺障害等級の認定を受けることが不可欠です。そして、適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、事故直後から適切な対応をしていくことが大切です。そこで、交通事故被害に遭われた方は、まずは専門家である弁護士にご相談のうえ、慎重に対応していくことをお勧めします。

久慈市で交通事故被害についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に当事務所にご相談ください。

事故発生から解決までの流れ

久慈市について

久慈市は、岩手県の北東部に位置する都市です。東側は太平洋に面し、西側は遠島山などの山嶺を有する北上山地に面しています。総面積の87%を森林が占め、久慈平庭県立自然公園を有する一方で、海岸段丘には岩礁美の小袖海岸を有するなど豊かな自然環境に恵まれています。最近では、連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台地となったことでも話題になったことが記憶に新しいところです。現在久慈市の人口は約3万4000人です。

豊かな自然環境を有する久慈市では漁業や農業が盛んですが、久慈市は世界有数かつ国内最大となる琥珀の発掘産地でもあり、久慈琥珀博物館も観光地として人気があります。また、伝統工芸である「小久慈焼」は200年以上の歴史を持ち、地域資源も豊富です。

また、毎年9月に3日間にわたり行われる久慈秋祭りは600年以上の歴史を持ち、多数の観光客で賑わいを見せます。また、連続テレビ小説『あまちゃん』のロケ地を巡る観光も人気が出ているところです。