死亡による逸失利益は、稼働部分(働いて得る収入の部分)と年金部分とがあります。稼働部分の逸失利益は、次の式で計算します。

稼働部分の逸失利益=基礎収入×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

基礎収入とは、逸失利益を算定する基礎となる年収のことであり、給与所得者、事業所得者、会社役員、主婦などの家事従事者、幼児・生徒・学生や高齢者といった無職者、失業者など、被害者の方の属性により算出方法が異なります。

生活費控除率は、死亡事故により、将来得られるはずであった収入が失われる反面、将来の生活費の支出がなくなりますので、損害額の算定において、一定割合を生活費分として控除するものです。生活費控除率は、被害者が一家の支柱であるか、被扶養者は何人か、一家の支柱でなければ男性か女性かなどにより、それぞれの標準値があります。

就労可能年数とは、死亡事故がなければその後も働けたであろう年数のことです。ライプニッツ係数とは、逸失利益の賠償では将来の減収をまとめて一括前倒しで受け取るために、就労可能年数に対して5%の中間利息を控除した数値のことです。この5%とは、民法に定められた法定の利率です。

計算の具体例を示します。例えば、八戸シティ法律事務所にご依頼いただいた案件で、75歳の主婦の方が交通事故で死亡してしまったというケースがありました。主婦の基礎年収は、女子の平均年収が用いられますから、349万9900円(事故当時の金額。その年により変動があります)となります。また、主婦の場合の生活費控除率は、30%が標準値です。そして、高齢者の就労可能年数は当該年齢における統計上の平均余命の2分の1とされ、75歳の場合は平均余命15年(事故当時の数字。その年により変動があります)の2分の1で8年、ライプニッツ係数は6.4632です。この方のケースで稼働部分の逸失利益を計算すると、次のとおり1583万4388円となります。

3,499,900円×(1-0.3)×6.4632
=15,834,388円

交通事故に関するQ&A一覧

No Q&A
1 弁護士に依頼するかどうかで、損害賠償金額が変わってきますか?
2 示談交渉のほかには、どのような解決方法がありますか?
3 まだ治療中ですが、弁護士に依頼するメリットはありますか?
4 後遺障害とは?
5 過失相殺とは?
6 むちうちとは?
7 むちうちは後遺障害になりますか?
8 後遺障害等級の認定を受けると、就職などで不利になりませんか?
9 裁判は依頼者の側も手間がかかりますか?
10 裁判はどのくらい時間がかかりますか?
11 むちうちで後遺障害非該当、14級、12級は、どういう基準で区別されますか?
12 むちうちで後遺障害14級と12級とでは、賠償額にどのくらい開きがありますか?
13 後遺障害等級とは?
14 症状固定とは?
15 保険会社から治療費や休業損害の支払の打ち切りを通告された場合、何か対応策はありますか?
16 休業損害とは?
17 素因減額とは?
18 加害者に弁護士費用を請求できますか?
19 後遺障害による逸失利益とは?
20 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
21 労働能力喪失率とは?
22 労働能力喪失期間とは?
23 ライプニッツ係数とは?
24 死亡による逸失利益とは?
25 死亡逸失利益の稼働部分の計算方法は?
26 死亡逸失利益の年金部分の計算方法は?
27 生活費控除率とは?
28 就労可能年数とは?
29 慰謝料とは?
30 傷害慰謝料とは?
31 後遺障害慰謝料とは?
32 死亡慰謝料とは?
33 弁護士費用特約とは?
34 むちうちで画像所見があれば、必ず12級が認定されますか?
35 弁護士に相談・依頼するタイミングはいつがいいですか?
36 加害者に謝罪を求めることはできますか?
37 高次脳機能障害とは?
38 高次脳機能障害の後遺障害等級認定のポイントは?
39 高次脳機能障害のケースで被害者の家族が準備すべきことは?
40 加害者の態度が不誠実な場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
41 悪質な事故の場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
42 解決方法としては、示談交渉と裁判のどちらを選択するべきですか?
43 主婦の休業損害・逸失利益は認められますか?
44 交通事故の被害に遭ったら警察に連絡しなければなりませんか?
45 交通事故で怪我をしたら警察に診断書を提出して人身事故扱いにしてもらうべきですか?