八戸シティ法律事務所にお寄せいただく交通事故に関するご相談・ご依頼のなかで、自転車に乗車中に交通事故に遭われたという方も少なくありません。

自転車に乗車中の交通事故は、転倒することで頭を強打したり、手足を骨折したりしてしまうことがあるなど、自動車同士の交通事故と比べて、怪我が重症化しやすいという傾向があります。そして、自転車に乗車中の交通事故では、重い怪我のために治療が長引いたり、手足の骨折による機能障害、脊髄損傷、外貌醜状、高次脳機能障害などの重度の後遺障害が残ってしまったり、死亡事故に至る確率が、自動車同士の交通事故よりも高いと言えます。

自転車に乗車中の交通事故は、このような特徴から、賠償金の額が高くなることが多いと言えます。正当な金額での賠償金を受け取るためには、交通事故の専門家である弁護士にご相談・ご依頼いただくのがよいでしょう。

また、正当な金額での賠償金を受け取るためには、適正な後遺障害等級の認定を獲得することが大前提となります。そこで、交通事故に詳しい弁護士にお早めにご相談いただくことをお勧めします。八戸シティ法律事務所では、後遺障害に詳しい外部の専門家とも連携しながら、後遺障害等級の認定に向けたサポートに取り組んでおります。

自転車に乗車中に交通事故に遭われた方は、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談いただければと思います。

自転車に乗車中の交通事故に関する解決事例はこちらをご覧下さい

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得額として記載させていただいております。


高次脳機能障害などで後遺障害併合3級の認定を受け、裁判で合計1億4073万円を獲得した事案