ここでは、これまで八戸シティ法律事務所にご相談を頂き、解決してきた事例の一部のうち、脊髄・脊柱の後遺障害の解決事例をご紹介させていただきます。

【獲得額に関するご注意】
解決事例のご紹介においては、獲得額(獲得合計額)を記載させていただいておりますが、保険会社から医療機関に対して直接支払われる治療費等を含めない金額となっております。
他の事務所のサイトでは、こうした治療費等についても獲得額に含めて、金額を大きく見せている例が散見されます。
しかし、こうした治療費等はお客様の手元に残るものではなく、サイトを閲覧する方に誤解を与えかねないという点で、不適切な表記であると考えております。
そこで、八戸シティ法律事務所では、お客様の手元に支払われる金額を獲得額として記載させていただいております。

No 解決事例 部位 等級 年代 性別 被害者の
属性・職業
獲得
金額
(万円)
増加額
(万円)
1 腰椎圧迫骨折後の脊柱の変形で後遺障害11級7号のところ、裁判で552万円増額の1340万円を獲得した事案 脊柱 11級
7号
50代 女性 主婦 1340 552
2 頚髄損傷で後遺障害7級4号の認定を受け、裁判で合計2217万円を獲得した事案 脊髄 7級
4号
80代 女性 主婦 2217 2217
3 中心性頚髄損傷で後遺障害12級13号の認定を受け、裁判で合計1920万円を獲得した事案 脊髄 12級
13号
50代 男性 農業 1920 1920
4 脊柱の変形・脳挫傷痕の残存で後遺障害併合10級のところ、和解あっ旋で546万円増額の1111万円を獲得した事案 頭部
脊柱
併合
10級
30代 男性 会社員 1111 546
5 腰椎圧迫骨折後の脊柱の変形等で後遺障害併合11級のところ、裁判で853万円増額の1300万円を獲得した事案 脊柱 併合
11級
50代 会社員 1300 853
6 頚髄損傷で後遺障害7級4号のところ、示談で1271万円増額の3708万円を獲得した事案 脊髄 7級
4号
50代 女性 主婦 3708 1271
7 胸椎圧迫骨折後の脊柱の変形で後遺障害8級相当の認定を受け、裁判で合計2419万円を獲得した事案 脊柱 8級
相当
60代 女性 主婦 2419 2419
8 胸腰椎圧迫骨折後の脊柱の変形で後遺障害11級7号のところ、裁判で715万円増額の1230万円を獲得した事案 脊柱 11級
7号
60代 女性 主婦 1230 715
9 胸椎圧迫骨折後の脊柱の変形障害で後遺障害8級の認定を受け、裁判で合計1619万円を獲得した事案 脊柱 8級
相当
60代 男性 会社員 1619 1619
10 頚髄損傷で後遺障害1級1号の認定を受け、裁判で合計1億0800万円を獲得した事案 脊髄 1級
1号
男性 小学生 10800 10800