はじめに

物損事故を弁護士に相談・依頼することには、様々なメリットがあります。
物損事故の被害についてお悩みの方は、専門家である弁護士にご相談・ご依頼されることをお勧めいたします。
このページでは、物損事故を弁護士に相談・依頼するメリットについて、ご説明させていただきます。

適正な賠償金を獲得することができる

物損事故では、車両全損時の車両時価額・買替諸費用や評価損(格落ち損害)は、特に争いになりやすい損害項目です。
また、休車損については、損害額の算定や立証が非常に複雑であり、交通事故の専門家でなければ対応が困難です。
この点、交通事故の専門家である弁護士にご相談・ご依頼いただくことで、これらの諸問題に適切に対応し、適正な賠償金の獲得に向けてスムーズに手続を進めていくことが期待できるでしょう。

過失割合に関する争いを解決することができる

物損事故では、過失割合・過失相殺が大きな争いとなることが少なくありません。
交通事故の専門家である弁護士にご相談・ご依頼いただけば、過失割合・過失相殺に関する助言を受け、あるいは、事故状況および過失割合について適切な主張・立証をし、あるべき解決を実現することが可能となります。

なお、過失割合・過失相殺については、次のリンク先ページで詳しく解説させていただいておりますので、ご覧になっていただければと存じます。
●過失割合・過失相殺について

面倒な手続への対応を任せることができる

物損事故の被害に遭った場合、加害者側の保険会社との示談交渉の対応には、大きな精神的負担と労力・手間が伴うものです。
また、裁判を提起して解決を求める場合において、複雑な裁判手続への対応は、専門家ではない方にとっては、非常に困難なものです。
さらに、加害者が無保険の場合には、基本的に加害者本人への賠償請求を行わなければならず、加害者本人とまともに連絡が取れないとか、加害者本人が素行の悪い人物であるなどの例も見られます。
このように、物損事故の解決のためには、面倒な手続への対応という課題があるのですが、弁護士に対応を一任すれば、ご自身の対応負担は大きく軽減されます。

弁護士費用特約を使用することで経済的負担なく弁護士に相談・依頼できる

ご自身あるいはご家族が加入する自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合、弁護士への相談料を10万円まで、依頼する場合の着手金・報酬金を300万円まで(保険会社によっては500万円まで)、保険会社に負担してもらうことができます。
物損事故では、問題となる経済的利益(争いとなる損害賠償金の額)が小規模であることが多く、ご自身の費用負担で弁護士に依頼するとなれば、費用倒れ(弁護士に依頼することで期待できる成果と比較して、弁護士費用が高くついてしまうこと)となる可能性があるのですが、弁護士費用特約があれば、弁護士費用の金額や費用倒れの心配をすることなく、弁護士にご相談・ご依頼いただくことが可能となります。

弁護士にご相談ください

以上のように、物損事故を弁護士に相談・依頼することには、多くのメリットがあります。
物損事故の被害についてお困りのことがあれば、交通事故に詳しい弁護士にまずはご相談いただくのがよいでしょう。
八戸シティ法律事務所では、これまでに、物損事故の案件を多数取り扱って参りました。
豊富な経験と実績がございますので、どうぞ安心してご相談ください。

なお、八戸シティ法律事務所では、物損事故のみのご相談については、自動車保険の弁護士費用特約を使用できる場合に限り、お受けさせていただいております。
物損事故につきましては、問題となる経済的利益(争いとなる損害賠償金の額)が小規模であることが多く、弁護士費用特約を使用できなければ、弁護士に依頼すると費用倒れに陥る可能性が高く、お客様に損失を負わせるリスクがあるためです。
何卒、ご了承いただければと存じます。

物損事故についてはこちらもご覧下さい

●物損事故について
●交通事故による物損(物的損害)の種類
●分損・全損と車両損害の賠償(車両修理費、車両時価額・買替諸費用)について
●評価損(格落ち損害)について
●代車使用料(レンタカー代)の賠償について
●休車損(休車損害)の賠償について
●その他の物損(物的損害)の賠償について
●加害者が無保険の場合の対応について
●物損事故における弁護士費用特約の活用について
●物損事故を弁護士に相談・依頼するメリット