弁護士三上大介

保険会社から提示される賠償金の額は、裁判基準による賠償金よりも低額であることがほとんどです。すぐに交通事故に詳しい弁護士にご相談いただき、適正な賠償金の額がどの程度なのかをご確認されることをお勧めいたします。

そして、保険会社からの提示額は適正な金額よりも低いケースが大半であるため、増額を求めるのであれば示談交渉や裁判の手続に臨むことになります。

この点、請求すべき適正な賠償額の算定や、示談交渉や裁判の手続への対応は、法律の専門家でない方にとっては困難であるのが通常です。また、保険会社の対応として、被害者の方がご本人で交渉しているうちは大きな増額には応じてこないものの、弁護士が代理人となることで初めて本格的な増額を検討するという実態があります。

そこで、適正な額の賠償金を確実に受け取るためには、弁護士のサポートのもとに保険会社との示談交渉や裁判の手続に臨むことが必要です。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、交通事故の被害に遭われた方から多数のご相談・ご依頼をお受けして、適正額の賠償金を勝ち取った実績が豊富にございます。そして、八戸シティ法律事務所の方針として、裁判基準での満額賠償の獲得を基本としております。そのため、保険会社と粘り強く交渉することはもちろん、裁判での解決をいとわずに保険会社と戦うことを旨として、妥協することなく被害者救済の実現に向けて取り組んでおります。

交通事故の被害でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度、八戸シティ法律事務所にご相談ください。

状況別の対応についてはこちらもご覧下さい

●事故直後~治療中の方へ
●症状固定時期の方へ
●後遺障害等級認定を受けた方へ
●保険会社から示談の提示を受けた方へ
●交通事故被害者のご家族の方へ