交通事故の被害に遭われた場合には、事故直後の早期の段階から、弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。早い段階から弁護士にご相談いただくことによって、その後の解決をより有利に進めることができるためです。

交通事故の問題解決までには、①事故直後~治療中の段階、②症状固定時期の段階、③後遺障害等級認定の段階、④保険会社からの示談提示の段階を経ることになります。そして、弁護士によるサポートとしては、①~④の各段階に応じた連続的なものとなります。しかし、弁護士にご相談いただく時期が③や④の遅い時期となった場合には、弁護士がサポートできる範囲が少なくなってしまいます。

交通事故被害者の方への弁護士の具体的なサポートとしては、必要となる治療や検査に関するアドバイス、健康保険・労災保険・人身傷害保険など各種保険の利用に関するアドバイス、症状固定時期の見極め、後遺障害等級の認定申請、保険会社への窓口対応・交渉など、事故直後の早期の段階から様々なご支援が可能です。そして、早期の段階からの弁護士によるサポートの結果、適正な後遺障害の等級認定を獲得し、ひいては受け取る賠償金の額が増加するケースが多いのです。

逆に言いますと、弁護士にご相談いただくタイミングが遅れてしまうと、弁護士によるサポートがないままに手続が進み、適正な後遺障害等級の認定を受けることや、適正な金額の賠償金を受け取ることが困難になる可能性があります。

なお、八戸シティ法律事務所では、交通事故の被害に関するご相談は初回無料でお受けさせていただいております。また、早期の段階からご依頼いただいた場合でも、弁護士費用が増額となることは基本的にありません。そして、ご依頼いただくことで費用倒れ(被害者の方が得られるメリットよりも、弁護士費用が高くなってしまうこと)となりそうな場合には、その旨を事前にきちんとお伝えして、被害者の方にご迷惑が掛からないように配慮させていただいております。事故直後の早期の段階でも、安心してお早めにご相談いただければと存じます。

特に、入院された場合や、後遺障害が生じる可能性が高い場合などの重症の方は、費用倒れの可能性が低いため、お早めに弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。また、自動車保険の弁護士費用特約を利用できる方についても、費用倒れとなる心配がありませんので、安心して弁護士にご相談いただければと思います。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、交通事故発生直後の早期の段階から、ご相談・ご依頼をお受けして、適正な解決を勝ち取った実績が多数ございます。交通事故についてお悩みの方は、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談ください。

状況別の対応についてはこちらもご覧下さい

●事故直後~治療中の方へ
●症状固定時期の方へ
●後遺障害等級認定を受けた方へ
●保険会社から示談の提示を受けた方へ
●交通事故被害者のご家族の方へ