当事務所では、交通事故の被害に遭われた方々からのご相談を多数いただいておりますが、その中でも、交差点での事故が多いような印象を受けます。実際、交通事故の5割以上が交差点で発生しているというデータもあります。

では、どの交差点での交通事故が多いのでしょうか。青森県警から毎年、交通事故(人身事故)多発交差点・交通事故発生件数が発表されています。平成27年(2015年)の発生件数のデータによると、八戸市内で交通事故の多い交差点ワースト5は、以下のとおりです。

1位 類家1丁目交差点(柏崎3丁目6番10号) 国道45号 8件
2位 類家4丁目交差点(青葉3丁目3番3号) 国道45号 7件
3位 小田坂交差点(下長3丁目19番9号) 主要地方道八戸野辺地線 6件
4位 売市交差点(売市1丁目2番23号) 国道104号 5件
5位 白銀小入口交差点(白銀町大久保道1番地1) 市道 5件

1位の類家1丁目交差点は、八戸の大動脈である国道45号線と、片側2車線の市道が交わる交差点です。どちらの道路も交通量が非常に多く、朝夕の通勤時間帯は渋滞しています。ちなみに、私のカーナビでは、この交差点に近づくと「事故多発地点です。注意してください」と案内されます。そして、事故件数8件中5件が右折時の事故です。渋滞でイライラしていても、早く通過したいという気持ちをぐっとこらえて、無理な右折や直進は避けなければなりません。

2位の類家4丁目交差点は、1位の類家1丁目交差点から、諏訪方面に400mほど進んだ所にある交差点です。交差点に面してスーパーマーケット、ドラッグストアなどの商業施設が立ち並んでいて、車だけでなく、歩行者や自転車の通行も多い交差点です。ここでも、右折する際の事故が7件中4件と過半数を占めています。右折する際は、対向車が来ていないか遠くまで確認することはもちろんのこと、渡ろうとしている歩行者や自転車がいないかをよく確認しなければなりません。

3位の小田坂交差点は、桔梗野から陸上自衛隊八戸駐屯地の脇を通って市の中心部へ向かう主要地方道8号線、フェリー埠頭と長苗代方面を結ぶ市道、日計へ向かう小路が交わる五差路です。ちなみに、事故件数6件中3件が日曜日の事故です。北側から交差点に入る2本の道路は、交差点に急角度で接しているため、左右の道路の見通しが悪くなっています。左右を見通せる位置まで出て安全を確認しないといけません。

4位の売市交差点は、根城を東西に貫く国道104号線と、長根公園の外周を回る道路、長苗代方面へ向かう道路とが連続して交わる変形の四差路の交差点です。5件中4件が、右折時の歩行者、自転車との接触です。右折信号のない交差点では、右折するタイミングを計って対向車の有無にばかり意識が向きがちですが、横断する人や自転車にも注意しなければなりません。

5位の白銀小入口交差点は、名前のとおり、白銀小学校の前を通る交差点です。学校に隣接していることもあり、朝夕の時間帯は、車だけでなく、歩いている人も多くなります。この交差点での事故の特徴は、5件中3件が信号無視による事故だという点です。この付近は、100~200mおきに信号が林立しています。信号をしっかりと確認し、車や歩行者などに十分に注意して通過しなければなりません。

八戸市のワースト1位、2位は、青森県全体の中でもワースト1位、2位でした。交差点では、車だけでなく、横断する歩行者・自転車など、注意しなければならない対象が多く、それだけ交通事故が発生する危険が潜んでいます。右左折時だけでなく、直進の場合も、細心の注意を払って安全に通過するように心掛けたいところです。

(弁護士・山口龍介)

当事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧下さい。

 

No 年月日 コラム
1 H25.9.8 相談料・着手金は無料です。(弁護士・木村哲也)
2 H25.10.15 弁護士費用特約は付いていますか?(弁護士・木村哲也)
3 H25.12.8 刑事記録の取得①(弁護士・木村哲也)
4 H26.2.4 刑事記録の取得②(弁護士・木村哲也)
5 H26.3.13 刑事記録の取得③(弁護士・木村哲也)
6 H26.8.6 交通事故110番様による高次脳機能障害の実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
7 H26.9.2 損害保険各社が、自動車保険に限り、暴力団関係者との契約を容認する方針を固めました。(弁護士・木村哲也)
8 H26.10.22 兵庫県で自転車の保険加入義務化の条例案(弁護士・木村哲也)
9 H27.1.23 仕事で使うツール①赤い本(弁護士・木村哲也)
10 H27.1.23 仕事で使うツール②青い本(弁護士・木村哲也)
11 H27.1.23 仕事で使うツール③別冊判例タイムズ38(弁護士・木村哲也)
12 H27.2.16 交通事故110番様の実務講座を事務職員と受講しました。(弁護士・木村哲也)
13 H27.3.24 日本交通法学会の人身賠償補償研究会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
14 H27.4.14 医療画像鑑定セミナーを受講してきました。(弁護士・山口龍介)
15 H27.4.20 船井総研の第1回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
16 H27.5.27 日本交通法学会の定期総会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
17 H27.5.29 物損事故の取扱件数が増えています。(弁護士・木村哲也)
18 H27.6.2 交通事故被害者のご親族の方によるご相談について(弁護士・木村哲也)
19 H27.6.5 状況によっては出張相談もいたします。(弁護士・木村哲也)
20 H27.6.9 当事務所では、弁護士がお客様と面談してお話しすることを重視しています。(弁護士・木村哲也)
21 H27.6.12 事故現場の検証(弁護士・木村哲也)
22 H27.6.19 交通事故と成年後見(弁護士・木村哲也)
23 H27.6.23 民事訴訟における和解(弁護士・木村哲也)
24 H27.6.30 交通事故以外の損害賠償案件について(弁護士・木村哲也)
25 H27.10.27 船井総研の第2回・後遺障害認定実務講座を受講してきました。(弁護士・山口龍介)
26 H28.1.5 2015年の交通事故死亡者数が15年ぶりに増加(弁護士・木村哲也)
27 H28.2.1 むちうちについて(弁護士・木村哲也)
28 H28.2.23 交通事故と自由診療・健康保険について(弁護士・山口龍介)
29 H28.3.29 事務所合宿を行いました。(弁護士・木村哲也)
30 H28.5.19 国会で継続審議中の民法の大改正で、損害賠償額が大幅に増額される見込みが出てきました。(弁護士・山口龍介)
31 H28.5.30 船井総研の第3回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
32 H28.8.3 八戸市で交通事故の多い交差点ランキング(弁護士・山口龍介)
33 H28.8.9 交通事故110番様の第8回実務講座を受講しました(弁護士・木村哲也)
34 H28.9.23 和歌山の両親が八戸に遊びに来ました。(弁護士・木村哲也)
35 H28.10.4 死亡事故について(弁護士・木村哲也)
36 H28.11.7 船井総研の第4回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
37 H29.3.21 日本交通法学会・人身賠償補償研究会に出席してきました。(弁護士・木村哲也)
38 H29.4.7 事務職員の制服を導入しました。(弁護士・木村哲也)
39 H29.5.18 日本交通法学会の自動運転車に関するシンポジウムに参加しました。(弁護士・木村哲也)
40 H29.5.22 毎月1回、土曜日に交通事故無料相談会を開催しています。(弁護士・木村哲也)
41 H29.6.19 交通事故紛争処理センターと日弁連交通事故相談センターのあっ旋手続の利用雑感(弁護士・木村哲也)
42 H29.7.31 八戸三社大祭の時期が来ました。(弁護士・木村哲也)
43 H29.8.18 青森高次脳機能障害家族会「あっぷるメイト」様について(弁護士・木村哲也)
44 H29.8.22 弁護士合宿を実施しました。(弁護士・木村哲也)
45 H29.9.11 交通事故110番様の第9回実務講座を受講しました(弁護士・山口龍介)
46 H29.11.9 ヴァンラーレ八戸のサッカーの試合を観戦してきました。(弁護士・木村哲也)
47 H29.11.15 船井総研の第6回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・三上大介)
48 H30.1.9 一般道でのシートベルト後部座席着用率が青森県27.6%で東北最低との調査結果が報じられました。(弁護士・木村哲也)
49 H30.6.7 整骨院への通院に関してご注意いただきたいこと(弁護士・木村哲也)
50 H30.6.14 交通事故110番様の第10回実務講座を受講しました。(弁護士・三上大介)
51 H30.8.24 司法研修所新第61期10周年記念大会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
52 H30.9.26 高齢ドライバーによる交通事故について(弁護士・山口龍介)
53 H30.12.5 歩行中の高齢者の交通事故被害について(弁護士・三上大介)