はじめに

交通事故と聞くと、まずは道路上で発生する事故をイメージされるかもしれません。
しかし、交通事故は駐車場の中でも発生するものです。
駐車場では、それぞれの車が駐車のために動き回ります。
バックでの駐車が苦手で慌ててしまう人もいらっしゃると思いますし、慣れている人でも後方への注意はどうしても難しいものです。
さらに、歩道が作られているような場所は少ないので、歩行者が車の走行している中を自由に通行していることも多いです。
ですから、駐車場内は交通事故の発生するリスクが高い場所であるといえます。
このコラムでは、このような駐車場内での交通事故について解説していきます。

過失割合とは?

「過失」とは、大まかな意味としては、不注意のことを指します。
交通事故では、お互いに不注意な点があることも多いですから、事故が起きたときには、お互いの不注意を比較することになります。
そして、それぞれの不注意の割合に応じて、事故で発生した損害を分担していくことになるのです。
損害とは、車の修理代金や、けがをした場合の治療費などです。
例えば、自分と相手方の不注意の割合が20%:80%だとしたら、自分の損害のうちの80%を相手方が支払い、相手方の損害のうち20%を自分が支払うことになります。
この不注意の割合のことを「過失割合」といいます。

過失割合についてより詳しくはこちら
過失割合・過失相殺とは?

過失割合の決め方

事故はそれぞれに様々な事情がありますから、過失割合を事案ごとに一から判断していくことは困難です。
そこで、裁判によって積み重ねられてきた事例をもとに判断するのが一般的です。
具体的には、事故の類型とその過失割合が決まっており、実際の事故をその類型に当てはめたうえで、事案ごとの事情を踏まえて過失割合を増減させていくという方法がとられています。
では、典型的な類型ごとに、駐車場内の事故の過失割合について見ていきましょう。

駐車場内の事故の過失割合

①通路が交差する部分での事故


車同士が、駐車場内の通路が交差する場所(十字路、丁字路)でぶつかったような場合には、お互いに50%ずつとする過失割合を基本に考えることが多いです。
道路と違って、駐車場内では明確な交通ルールが決められていないこともありますので、それぞれの車がお互いに、他の車にぶつからないように安全を確認しながら注意して走る必要があると考えられるからです。
他方で、駐車場内でも、一方通行や一時停止などの通行標識が存在している場合があります。
そのような駐車場内で、片方に通行標識に対する違反などの不注意があると、その違反者の過失割合は大きくなっていきます。

②駐車しようとしている車との事故


駐車するために通路から駐車スペースに進入しようとしている車と、通路を走っている車がぶつかってしまった場合、通路を走っている車の過失割合が大きくなり、20%:80%を基本に考えることが多いです。
駐車場では、駐車しようとする車がいて当たり前であって、通路を走る車の方が、前方の車が駐車するために動いても大丈夫なように、注意して前方の車の動きを見ていなければならないからです。
この過失割合は、前進で駐車しようとしている場合も、バックで駐車しようとしている場合も変わりありません。
ただし、駐車をする側に運転のミスなどの不注意があれば、その分だけ駐車をする側の過失割合が大きくなっていきます。

③駐車スペースから発進する車との事故


駐車スペースから通路へと発進しようとする車は、道路で例えると、敷地などから道路に出ようとする車にあたります。
ですから、この場合は通路を走っている車が優先であり、駐車スペースから発進する車は、通路を走っている車の進路を妨害しないように注意しなければなりません。
そのため、駐車スペースから発進する車と、通路を走る車がぶつかったときは、発進する側の過失割合が比較的大きくなり、70%:30%を基本に考えることが多いです。
発進しようとしている車が、前進していてもバックしていても、過失割合は変わらないことは、先ほどと同じです。

④車と歩行者の事故

駐車場内で歩行者とぶつかってしまった場合、車の方に90%前後の過失割合が認められることが多いです。
駐車場内では、歩行者用の通路がないことも多く、歩行者が自由に歩き回るので、車はそのことを十分に注意して通行しなければならないからです。
ただし、歩行者も注意して通行しなければならないのは当然ですから、歩行者が急な飛び出しをした場合などは、歩行者の過失が加算されます。

駐車場内の事故の注意点

道路での交通事故の場合、警察に通報すると、警察が動いてくれるので、交通事故証明書や実況見分調書などの、事故について記した書類が作成されます。
しかし、駐車場は道路と違って、道路交通法が適用されない場合もあることから、通報しても、警察が交通事故として動いてくれるとは限りません。
スーパーマーケットやショッピングセンター、コンビニエンスストアの駐車場など、不特定多数の人が出入りする駐車場の場合や、人が負傷した場合などは、警察に動いてもらえることが多いです。
しかし、そうでない場合は、警察に動いてもらえず、交通事故証明書や実況見分調書などの書類が作成されない可能性があります。
交通事故証明書や実況見分調書などの書類は、保険会社に提出したり、裁判で証拠として使ったりするものですので、これらの書類がないと、それぞれの手続が円滑には進まないおそれがあります(その意味で、事故の発生や事故状況の証明のためには、ドライブレコーダーの映像は、とても重要になります)。
この点は、駐車場内の事故で注意しなければならない点であるといえます。

駐車場内の事故で困ったら

これまで、いくつかの典型的な例について、過失割合を解説してきました。
しかし、実際に駐車場で起こる事故には色々なものがあり、事故の原因や態様も様々です。
そのため、これまで解説した事故の類型とその過失割合を基本としつつ、それぞれの事案に応じて、どちらにどのような不注意があったかをさらに考えていく必要がありますが、その判断は難しいものです。
ですから、「事故に遭ったが過失割合が分からない」「保険会社から提示された過失割合に納得がいかない」という場合には、弁護士に相談して、事案に応じたアドバイスを受けることをお勧めいたします。
駐車場内の事故でお困りでしたら、当事務所までお気軽にご相談ください。

(弁護士・神琢磨)

当事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧下さい。

No 年月日 コラム
1 H25.9.8 相談料・着手金は無料です。(弁護士・木村哲也)
2 H25.10.15 弁護士費用特約は付いていますか?(弁護士・木村哲也)
3 H25.12.8 刑事記録の取得①(弁護士・木村哲也)
4 H26.2.4 刑事記録の取得②(弁護士・木村哲也)
5 H26.3.13 刑事記録の取得③(弁護士・木村哲也)
6 H26.8.6 交通事故110番様による高次脳機能障害の実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
7 H26.9.2 損害保険各社が、自動車保険に限り、暴力団関係者との契約を容認する方針を固めました。(弁護士・木村哲也)
8 H26.10.22 兵庫県で自転車の保険加入義務化の条例案(弁護士・木村哲也)
9 H27.1.23 仕事で使うツール①赤い本(弁護士・木村哲也)
10 H27.1.23 仕事で使うツール②青い本(弁護士・木村哲也)
11 H27.1.23 仕事で使うツール③別冊判例タイムズ38(弁護士・木村哲也)
12 H27.2.16 交通事故110番様の実務講座を事務職員と受講しました。(弁護士・木村哲也)
13 H27.3.24 日本交通法学会の人身賠償補償研究会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
14 H27.4.14 医療画像鑑定セミナーを受講してきました。(弁護士・山口龍介)
15 H27.4.20 船井総研の第1回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
16 H27.5.27 日本交通法学会の定期総会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
17 H27.5.29 物損事故の取扱件数が増えています。(弁護士・木村哲也)
18 H27.6.2 交通事故被害者のご親族の方によるご相談について(弁護士・木村哲也)
19 H27.6.5 状況によっては出張相談もいたします。(弁護士・木村哲也)
20 H27.6.9 当事務所では、弁護士がお客様と面談してお話しすることを重視しています。(弁護士・木村哲也)
21 H27.6.12 事故現場の検証(弁護士・木村哲也)
22 H27.6.19 交通事故と成年後見(弁護士・木村哲也)
23 H27.6.23 民事訴訟における和解(弁護士・木村哲也)
24 H27.6.30 交通事故以外の損害賠償案件について(弁護士・木村哲也)
25 H27.10.27 船井総研の第2回・後遺障害認定実務講座を受講してきました。(弁護士・山口龍介)
26 H28.1.5 2015年の交通事故死亡者数が15年ぶりに増加(弁護士・木村哲也)
27 H28.2.1 むちうちについて(弁護士・木村哲也)
28 H28.2.23 交通事故と自由診療・健康保険について(弁護士・山口龍介)
29 H28.5.19 国会で継続審議中の民法の大改正で、損害賠償額が大幅に増額される見込みが出てきました。(弁護士・山口龍介)
30 H28.5.30 船井総研の第3回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
31 H28.8.3 八戸市で交通事故の多い交差点ランキング(弁護士・山口龍介)
32 H28.8.9 交通事故110番様の第8回実務講座を受講しました(弁護士・木村哲也)
33 H28.10.4 死亡事故について(弁護士・木村哲也)
34 H28.11.7 船井総研の第4回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
35 H29.3.21 日本交通法学会・人身賠償補償研究会に出席してきました。(弁護士・木村哲也)
36 H29.5.18 日本交通法学会の自動運転車に関するシンポジウムに参加しました。(弁護士・木村哲也)
37 H29.5.22 毎月1回、土曜日に交通事故無料相談会を開催しています。(弁護士・木村哲也)
38 H29.6.19 交通事故紛争処理センターと日弁連交通事故相談センターのあっ旋手続の利用雑感(弁護士・木村哲也)
39 H29.8.18 青森高次脳機能障害家族会「あっぷるメイト」様について(弁護士・木村哲也)
40 H29.9.11 交通事故110番様の第9回実務講座を受講しました(弁護士・山口龍介)
41 H29.11.15 船井総研の第6回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・山口龍介)
42 H30.1.9 一般道でのシートベルト後部座席着用率が青森県27.6%で東北最低との調査結果が報じられました。(弁護士・木村哲也)
43 H30.6.7 整骨院への通院に関してご注意いただきたいこと(弁護士・木村哲也)
44 H30.6.14 交通事故110番様の第10回実務講座を受講しました。(弁護士・山口龍介)
45 H30.9.26 高齢ドライバーによる交通事故について(弁護士・山口龍介)
46 H30.12.5 歩行中の高齢者の交通事故被害について(弁護士・下山慧)
47 R2.4.30 民法改正による法定利率の見直しと交通事故の損害賠償への影響(弁護士・木村哲也)
48 R2.4.30 LINEでのビデオ通話による法律相談対応を開始しました。(弁護士・木村哲也)
49 R2.10.15 医療鑑定研究会様のWEBセミナー「最近の裁判例における高次脳機能障害の認定状況」を受講しました。(弁護士・木村哲也)
50 R2.11.27 医療鑑定研究会様のWEBセミナー「頭部への外力と脳損傷頭部画像所見」を受講しました。(弁護士・木村哲也)
51 R2.12.15 医療鑑定研究会様のWEBセミナー「意識障害を理解する」「神経心理学的検査の要点」を受講しました。(弁護士・木村哲也)
52 R4.2.17 青森市に「青森シティ法律事務所」を設置しました。(弁護士・木村哲也)
53 R4.3.7 八戸警察署管内の交通事故発生状況について(弁護士・畠山賢次)
54 R4.7.1 駐車場内の事故と過失割合(弁護士・神琢磨)