2020年4月施行の民法改正により、法律で定められている利率が見直されました。
これにより、交通事故の損害賠償請求をする際に、以下の影響が生じてくることとなります。


1 見直された法定利率について

民法改正前は、利息が年5パーセントと一律に利率が定められていました。
もっとも、民法改正によって利率は、以下のように、一定期間ごとに利率が変動することとなりました。
●2020年4月1日から3年間は年3パーセント。
●3年経過以降は、3年ごとに市中金利の動向に合わせて、利率を変動させる。
●変動させる利率は、過去5年間の平均利率等をもとに算出し、1パーセント以上の利率の変動があったと認められる場合のみ見直される。利率の変動が1パーセント未満の場合には、前の期の法定利率がそのまま維持される。

そのため、緩やかな利率の変動制が採用されたといえるでしょう。

法定利率が年5パーセントというのは、従来から市中金利よりも高額であると指摘されていたので、社会の実情に沿うように改正されました。
今後の経済情勢にもよりますが、市中金利が上昇・下降した場合には、法定利率も変動してくることとなるため、注意が必要です。
以下では、法定利率が年3パーセントであることを前提として、影響が生じる損害項目ごとに、どのような影響が出るかをご説明いたします。

2 損害賠償への影響

 ⑴ 遅延損害金

通常、交通事故の損害賠償請求を裁判で行う場合には、交通事故の日を起算日として、遅延損害金を請求していきます。
遅延損害金の利率も法定利率と同じ利率とする旨定められています。
そのため、民法改正によって遅延損害金の利率が年5パーセントから年3パーセントに引き下げられると、損害賠償請求で認められる遅延損害金の金額が、従来よりも低くなります。

 ⑵ 逸失利益

交通事故により、後遺障害が残ってしまった場合や、死亡してしまった場合には、損害賠償請求の損害項目として逸失利益が認められます。
この逸失利益とは、本来(将来的に)得られたはずの収入が、後遺障害や死亡によって失われたことによる損害のことをいいます。
逸失利益を算定するにあたっては、将来得られたはずの収入を現在受領することになるため、その金銭により資産運用をして得られるであろう利息分を、将来得られる収入から差し引いて計算します(これを中間利息の控除といいます)。
民法改正によって、法定利率が年5パーセントから年3パーセントに引き下げられることにより、控除される利息の金額も低くなります。
そのため、損害賠償請求で認められる逸失利益の金額は、従来より高くなります。

 ⑶ 損害賠償請求の総額について

以上で述べたように、民法改正により認められる遅延損害金の金額は低くなるのに対して、逸失利益の金額は高くなります。
この点、遅延損害金の減額分に対して、逸失利益の増額分の方が高額となるので、民法改正によって、認められる損害賠償請求の総額は、従来よりも高くなります。
したがって、交通事故被害者にとって、有利な法改正であるといえます。

 ⑷ 民法改正後の法定利率の適用時期について

民法改正は、2020年4月1日から施行されていますが、遅延損害金・逸失利益の算定をするにあたっては、以下のようなルールによることとなります。

●2020年3月31日以前の交通事故は、改正前の年5パーセントの利率が適用され、この利率をもとに遅延損害金・逸失利益が算定される。
●2020年4月1日以後の交通事故は、改正後の年3パーセントの利率が適用され、この利率をもとに遅延損害金・逸失利益が算定される。

交通事故が2020年3月31日以前に発生し、その解決が2020年4月1日以後になったとしても、遅延損害金は民法改正前の年5パーセントを前提に算定されることとなります。

(弁護士・木村哲也)

当事務所の弁護士が書いたコラムです。ぜひご覧下さい。

 

No 年月日 コラム
1 H25.9.8 相談料・着手金は無料です。(弁護士・木村哲也)
2 H25.10.15 弁護士費用特約は付いていますか?(弁護士・木村哲也)
3 H25.12.8 刑事記録の取得①(弁護士・木村哲也)
4 H26.2.4 刑事記録の取得②(弁護士・木村哲也)
5 H26.3.13 刑事記録の取得③(弁護士・木村哲也)
6 H26.8.6 交通事故110番様による高次脳機能障害の実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
7 H26.9.2 損害保険各社が、自動車保険に限り、暴力団関係者との契約を容認する方針を固めました。(弁護士・木村哲也)
8 H26.10.22 兵庫県で自転車の保険加入義務化の条例案(弁護士・木村哲也)
9 H27.1.23 仕事で使うツール①赤い本(弁護士・木村哲也)
10 H27.1.23 仕事で使うツール②青い本(弁護士・木村哲也)
11 H27.1.23 仕事で使うツール③別冊判例タイムズ38(弁護士・木村哲也)
12 H27.2.16 交通事故110番様の実務講座を事務職員と受講しました。(弁護士・木村哲也)
13 H27.3.24 日本交通法学会の人身賠償補償研究会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
14 H27.4.14 医療画像鑑定セミナーを受講してきました。(弁護士・山口龍介)
15 H27.4.20 船井総研の第1回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
16 H27.5.27 日本交通法学会の定期総会に出席しました。(弁護士・木村哲也)
17 H27.5.29 物損事故の取扱件数が増えています。(弁護士・木村哲也)
18 H27.6.2 交通事故被害者のご親族の方によるご相談について(弁護士・木村哲也)
19 H27.6.5 状況によっては出張相談もいたします。(弁護士・木村哲也)
20 H27.6.9 当事務所では、弁護士がお客様と面談してお話しすることを重視しています。(弁護士・木村哲也)
21 H27.6.12 事故現場の検証(弁護士・木村哲也)
22 H27.6.19 交通事故と成年後見(弁護士・木村哲也)
23 H27.6.23 民事訴訟における和解(弁護士・木村哲也)
24 H27.6.30 交通事故以外の損害賠償案件について(弁護士・木村哲也)
25 H27.10.27 船井総研の第2回・後遺障害認定実務講座を受講してきました。(弁護士・山口龍介)
26 H28.1.5 2015年の交通事故死亡者数が15年ぶりに増加(弁護士・木村哲也)
27 H28.2.1 むちうちについて(弁護士・木村哲也)
28 H28.2.23 交通事故と自由診療・健康保険について(弁護士・山口龍介)
29 H28.5.19 国会で継続審議中の民法の大改正で、損害賠償額が大幅に増額される見込みが出てきました。(弁護士・山口龍介)
30 H28.5.30 船井総研の第3回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
31 H28.8.3 八戸市で交通事故の多い交差点ランキング(弁護士・山口龍介)
32 H28.8.9 交通事故110番様の第8回実務講座を受講しました(弁護士・木村哲也)
33 H28.10.4 死亡事故について(弁護士・木村哲也)
34 H28.11.7 船井総研の第4回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・木村哲也)
35 H29.3.21 日本交通法学会・人身賠償補償研究会に出席してきました。(弁護士・木村哲也)
36 H29.5.18 日本交通法学会の自動運転車に関するシンポジウムに参加しました。(弁護士・木村哲也)
37 H29.5.22 毎月1回、土曜日に交通事故無料相談会を開催しています。(弁護士・木村哲也)
38 H29.6.19 交通事故紛争処理センターと日弁連交通事故相談センターのあっ旋手続の利用雑感(弁護士・木村哲也)
39 H29.8.18 青森高次脳機能障害家族会「あっぷるメイト」様について(弁護士・木村哲也)
40 H29.9.11 交通事故110番様の第9回実務講座を受講しました(弁護士・山口龍介)
41 H29.11.15 船井総研の第6回・後遺障害認定実務講座を受講しました。(弁護士・山口龍介)
42 H30.1.9 一般道でのシートベルト後部座席着用率が青森県27.6%で東北最低との調査結果が報じられました。(弁護士・木村哲也)
43 H30.6.7 整骨院への通院に関してご注意いただきたいこと(弁護士・木村哲也)
44 H30.6.14 交通事故110番様の第10回実務講座を受講しました。(弁護士・山口龍介)
45 H30.9.26 高齢ドライバーによる交通事故について(弁護士・山口龍介)
46 H30.12.5 歩行中の高齢者の交通事故被害について(弁護士・下山慧)
47 R2.4.30 民法改正による法定利率の見直しと交通事故の損害賠償への影響(弁護士・木村哲也)
48 R2.4.30 LINEでのビデオ通話による法律相談対応を開始しました。(弁護士・木村哲也)
49 R2.10.15 医療鑑定研究会様のWEBセミナー「最近の裁判例における高次脳機能障害の認定状況」を受講しました。(弁護士・木村哲也)
50 R2.11.27 医療鑑定研究会様のWEBセミナー「頭部への外力と脳損傷頭部画像所見」を受講しました。(弁護士・木村哲也)