被害者の持つ既往症などの特殊性が原因で治療期間が長引いたり、後遺障害が残ったりした場合は、そのことを考慮して、損害賠償額が何割か減額される場合があります。こうした被害者の持つ特殊性のことを「素因」といい、素因による損害賠償金の減額を「素因減額」といいます。

しかし、被害者の方に通常の方とは異なる特殊性がある場合でも、必ず素因減額が認められてしまうというわけではありません。裁判例によると、身体的・体質的素因による素因減額が認められるためには、加害者側で次の4点を証明する必要があるとされます。
①被害者の方の身体的・体質的素因が、単なる身体的特徴にとどまらず、「疾患」に該当すること
②交通事故とその疾患とがともに原因となって、損害が発生したこと
③その疾患による損害賠償額の減額をしないと、公平に反すること
④減額率を決定するために検討すべき諸要素(疾患の種類・態様・程度や、交通事故の態様・程度および傷害の部位・態様・程度と後遺障害との均衡など)

また、精神的素因(心因的素因)については、裁判例によると、その損害が交通事故のみにより通常発生する程度・範囲を超えるものであって、かつ、その損害の拡大について被害者の心因的要素が寄与しているときには、素因減額を認めるとされます。

素因減額が認められるとして、減額の割合はというと、個々の事案により、1割から9割まで、ケースバイケースでの判断となります。その判断要素としては、上記のような、疾患の種類・態様・程度や、交通事故の態様・程度および傷害の部位・態様・程度と後遺障害との均衡などが挙げられます。

交通事故に関するQ&A一覧

No Q&A
1 弁護士に依頼するかどうかで、損害賠償金額が変わってきますか?
2 示談交渉のほかには、どのような解決方法がありますか?
3 まだ治療中ですが、弁護士に依頼するメリットはありますか?
4 後遺障害とは?
5 過失相殺とは?
6 むちうちとは?
7 むちうちは後遺障害になりますか?
8 後遺障害等級の認定を受けると、就職などで不利になりませんか?
9 裁判は依頼者の側も手間がかかりますか?
10 裁判はどのくらい時間がかかりますか?
11 むちうちで後遺障害非該当、14級、12級は、どういう基準で区別されますか?
12 むちうちで後遺障害14級と12級とでは、賠償額にどのくらい開きがありますか?
13 後遺障害等級とは?
14 症状固定とは?
15 保険会社から治療費や休業損害の支払の打ち切りを通告された場合、何か対応策はありますか?
16 休業損害とは?
17 素因減額とは?
18 加害者に弁護士費用を請求できますか?
19 後遺障害による逸失利益とは?
20 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
21 労働能力喪失率とは?
22 労働能力喪失期間とは?
23 ライプニッツ係数とは?
24 死亡による逸失利益とは?
25 死亡逸失利益の稼働部分の計算方法は?
26 死亡逸失利益の年金部分の計算方法は?
27 生活費控除率とは?
28 就労可能年数とは?
29 慰謝料とは?
30 傷害慰謝料とは?
31 後遺障害慰謝料とは?
32 死亡慰謝料とは?
33 弁護士費用特約とは?
34 むちうちで画像所見があれば、必ず12級が認定されますか?
35 弁護士に相談・依頼するタイミングはいつがいいですか?
36 加害者に謝罪を求めることはできますか?
37 高次脳機能障害とは?
38 高次脳機能障害の後遺障害等級認定のポイントは?
39 高次脳機能障害のケースで被害者の家族が準備すべきことは?
40 加害者の態度が不誠実な場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
41 悪質な事故の場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
42 解決方法としては、示談交渉と裁判のどちらを選択するべきですか?
43 主婦の休業損害・逸失利益は認められますか?
44 交通事故の被害に遭ったら警察に連絡しなければなりませんか?
45 交通事故で怪我をしたら警察に診断書を提出して人身事故扱いにしてもらうべきですか?
46 骨折のケースでは、どのような後遺障害が想定されますか?
47 加害者が自動車保険に加入していない場合でも補償を受けられますか?
48 加害者の運転車両がフォークリフトであり、自賠責保険や自動車保険に加入していないようですが、きちんと補償を受けられますか?
49 自賠責保険とは?
50 政府保障事業とは?
51 自動車保険(任意保険)とは?
52 人身傷害保険とは?
53 搭乗者傷害保険とは?
54 無保険車障害特約とは?