加害者が自動車保険に入っている場合に、保険会社がこちらの要求に応じてくれないからといって、加害者本人に対して直接請求をすると、加害者側に弁護士を立てられるなどして、より対応が硬直化する可能性があります。
そして、加害者側に弁護士を立てられたときに、弁護士の頭越しに加害者本人に直接請求をすると、不法行為(民法709条)として逆に損害賠償の責任を負わされるなどのリスクがあります。
そのため、加害者が自動車保険に加入している場合には、加害者本人に対する直接請求は基本的にやってはいけません。

交通事故を起こしたときに、被害者に対して損害賠償の責任を負うのは加害者本人です。
しかし、加害者が自動車保険に加入している場合には、示談交渉の窓口となるのは保険会社です。
これは、自動車保険(の対人・対物賠償責任保険)には、示談代行サービスというものが付いているからです。
示談代行サービスとは、交通事故を起こした人の代わりに、保険会社が被害者との示談交渉を代行してくれるサービスです。
このような示談代行サービスにより、加害者本人としては、保険会社に示談交渉および損害賠償金の支払を任せておけばよく、自ら窓口となって示談交渉を進めたり、自腹を切って損害賠償金を支払ったりする法的義務がないということになります。

ここで、交通事故の被害者の立場としては、「加害者本人に誠意が見られない」、「保険会社任せにしていて、加害者本人からは一度も連絡がない」、「加害者本人がなぜ謝罪してこないのか?」と憤りを感じることもあるものです。
しかし、上記のように、自動車保険に加入している場合には、示談代行サービスがありますから、加害者本人としては、自ら被害者と直接交渉を行わないのが基本となります。
また、法律上、誠意・謝罪の義務というものは定められていません。
そして、損害賠償金を支払う保険会社としては、加害者本人が被害者に対して謝罪をするくらいならともかく、加害者本人が被害者との間で損害賠償に関する約束を勝手にしてしまって、それが後々保険会社で支払うことができないとなった場合に、揉めに揉めてしまう可能性がありますから、「被害者の方への対応は、すべて弊社にお任せいただければ大丈夫です」と加害者本人に説明することとなるのです。
そのため、保険会社任せとなることは、ある程度仕方のないことであると言えますし、加害者本人の誠意・謝罪の問題は、法律で解決することはできません。

以上のように、加害者本人が自動車保険に加入している場合には、保険会社が示談交渉および損害賠償金の支払を担うことになります。
しかし、保険会社がこちらの要求に応じてくれないとなった場合に、「それなら、加害者本人に直接請求しよう」とお考えになる方もいらっしゃいます。
この点、被害者が加害者本人に対して直接請求を行うこと自体を法律が禁じているわけではないのですが、このような行動には大きな問題があります。

まず、このような形で直接請求を受けた加害者本人の立場としては、損害賠償金は全額保険会社が支払うものであり、そのために自動車保険に加入しているのですから、「保険会社に任せていますので、保険会社に連絡してください」とだけ答え、話し合いには応じないという対応になるのが通常です。
中には無視する人もいるでしょう。
そして、保険会社からは、「弊社が示談交渉の窓口ですので、話し合いは加害者本人ではなく、弊社で進めさせていただきます」という趣旨の連絡が入ることになります。
さらに、それでも加害者本人に対する請求を継続すると、保険会社だけでは対応が困難な事案と判断され、加害者側が弁護士を立ててくることになるでしょう。
加害者側に立った弁護士からは、「今後は加害者本人に対する直接連絡はお控えいただき、すべて加害者の代理人である弁護士宛てにご連絡いただくようにお願いいたします」などと記載された書面が届くなどの連絡があります。
このように加害者側に弁護士が介入することにより、保険会社のもとではある程度柔軟に対応できていたものが、硬直化した対応となることもあり得ます。
そして、加害者側に弁護士が介入してもなお、弁護士の頭越しに加害者本人に直接請求をすると、不法行為(民法709条)として逆に損害賠償の責任を負わされるなどのリスクがあります。
弁護士を立てて代理交渉を任せることは法的な権利であり、弁護士の頭越しに直接請求を行うことは違法であると判断した裁判例もありますので、注意が必要です。

以上から、加害者が自動車保険に加入している場合には、加害者本人に対する直接請求はしないようにしましょう。

交通事故に関するQ&A一覧

No Q&A
1 弁護士に依頼するかどうかで、損害賠償金額が変わってきますか?
2 示談交渉のほかには、どのような解決方法がありますか?
3 まだ治療中ですが、弁護士に依頼するメリットはありますか?
4 後遺障害とは?
5 過失相殺とは?
6 むちうちとは?
7 むちうちは後遺障害になりますか?
8 後遺障害等級の認定を受けると、就職などで不利になりませんか?
9 裁判は依頼者の側も手間がかかりますか?
10 裁判はどのくらい時間がかかりますか?
11 むちうちで後遺障害非該当、14級、12級は、どういう基準で区別されますか?
12 むちうちで後遺障害14級と12級とでは、賠償額にどのくらい開きがありますか?
13 後遺障害等級とは?
14 症状固定とは?
15 保険会社から治療費や休業損害の支払の打ち切りを通告された場合、何か対応策はありますか?
16 休業損害とは?
17 素因減額とは?
18 加害者に弁護士費用を請求できますか?
19 後遺障害による逸失利益とは?
20 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
21 労働能力喪失率とは?
22 労働能力喪失期間とは?
23 ライプニッツ係数とは?
24 死亡による逸失利益とは?
25 死亡逸失利益の稼働部分の計算方法は?
26 死亡逸失利益の年金部分の計算方法は?
27 生活費控除率とは?
28 就労可能年数とは?
29 慰謝料とは?
30 傷害慰謝料とは?
31 後遺障害慰謝料とは?
32 死亡慰謝料とは?
33 弁護士費用特約とは?
34 むちうちで画像所見があれば、必ず12級が認定されますか?
35 弁護士に相談・依頼するタイミングはいつがいいですか?
36 加害者に謝罪を求めることはできますか?
37 高次脳機能障害とは?
38 高次脳機能障害の後遺障害等級認定のポイントは?
39 高次脳機能障害のケースで被害者の家族が準備すべきことは?
40 加害者の態度が不誠実な場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
41 悪質な事故の場合には、通常よりも慰謝料が増額されますか?
42 解決方法としては、示談交渉と裁判のどちらを選択するべきですか?
43 主婦の休業損害・逸失利益は認められますか?
44 交通事故の被害に遭ったら警察に連絡しなければなりませんか?
45 交通事故で怪我をしたら警察に診断書を提出して人身事故扱いにしてもらうべきですか?
46 骨折のケースでは、どのような後遺障害が想定されますか?
47 加害者が自動車保険に加入していない場合でも補償を受けられますか?
48 加害者の運転車両がフォークリフトであり、自賠責保険や自動車保険に加入していないようですが、きちんと補償を受けられますか?
49 自賠責保険とは?
50 政府保障事業とは?
51 自動車保険(任意保険)とは?
52 人身傷害保険とは?
53 搭乗者傷害保険とは?
54 無保険車障害特約とは?
55 運行供用者責任とは?
56 使用者責任とは?
57 車両保険とは?
58 交通事故の被害に遭って物損(物的損害)を先に無過失(過失割合0:100)で示談した場合、人損(人身損害)についても無過失で賠償を受けることができますか?
59 収入の減少がなくても後遺障害逸失利益は認められますか?
60 交通事故で顔や身体に傷痕(外貌醜状)が残った場合、後遺障害逸失利益は認められますか?
61 保険会社がこちらの要求に応じてくれない場合、加害者本人に対して直接請求しても構いませんか?
62 自分の車が停止しているところに相手方の車がぶつかってきたのに、保険会社からは自分にも過失があると言われました。自分には過失はないのではないですか?
63 自分の車が優先道路を走行中、脇道から出てきた相手方の車に衝突されました。保険会社からは自分にも過失があると言われていますが、納得できません。自分は無過失ではないでしょうか?
64 交通事故で後遺障害を残し、その後、事故とは無関係の理由で死亡した場合、後遺障害逸失利益は死亡後の分も認められますか?
65 交通事故で後遺障害を残し、その後、事故とは無関係の理由で死亡した場合、将来の介護費は死亡後の分も認められますか?